カテゴリー
テレビ

M-1グランプリ2020

見ました。
と言ってもYouTube(https://www.youtube.com/c/m1grandprix/featured)ですけど。

テレビでも少し見てたのですが、過剰演出とCMのオンパレードで観る気を無くして、翌日にYouTubeで各コンビのネタのところだけ出囃子から見ました。

結果が見る前から分かってしまうというのは別に良くて、単純に笑えるものが見たい、というだけです。

なので、会場の流れとか雰囲気とか無視で漫才の部分だけ見たので、当時の印象とはかなり違うと思います。

という事を知っていただいたところで、感想としては

「クソつまらん」でした。

「見取り図」「ニューヨーク」「オズワルド」は聞いていられるけど笑う事は無かったです。いや、見取り図とオズワルドはクスっとしました。面白かったです。

ただ、昨年と比べてどうかなぁ?と思い返しながら見ていると全然笑えませんでした。優勝したミルクボーイはもちろんの事、かまいたちにも腹を抱えて笑ったし、色物だなぁと思っていた「すゑひろがりず」や「ぺこぱ」も面白かったです。

翻って今年の最終決戦。
「おいでやすこが」「マヂカルラブリー」という2組に至っては見るのが耐え難くて1~2分ぐらいで飛ばしてしまいました。歌ネタと動きで笑わそうとするやつかぁ…。

漫才の定義って色々あると思うのですが、私が見たいのは話術で笑わせてくれるものです。片方が喋って、片方がつっこむ。歌や動きがみたいんじゃない。

そういう意味で錦鯉というコンビも結構きつかったです。他のコンビもずっと真顔で見てました。とにかく爆発力は無かったです。

私としては敗者復活戦のゆにばーすの方が一番面白かったと思います。

以上、私の感想としては「2020年のM-1はクソつまらなかった」です。


それにしてもYouTubeに公式でアップロードされるのなら、「生の臨場感を味わいたい」人以外にとっては、ますますテレビが必要ないな、と思いました。

漫才だけが見たい私にとってはありがたい話ですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です