カテゴリー
サンフレッチェ以外

2019 E-1選手権 最終戦 日本代表 vs 韓国代表

森島が活躍したらしい、というニュースを見て久し振りに代表戦を視聴しました。

なかなか酷い試合でしたね。いわゆる「チームとして機能していない」の典型で、「あぁ森保監督だなぁ…」というのを久し振りに痛感しました。

珍しく交代枠を使い切りましたし、負けているせいか森保監督にしては早めの交代だったと思いますが、それでも遅かったように思います。

まず井手口をいの一番に交代させるべきでしょう。あの出来なら前半30分で見切りをつけて大島に変えるべきでした。鈴木→仲川でしたが、全く機能せず。前戦の香港戦で仲川が活きなかったのなら、同じ事してもダメじゃないの?唯一、遠藤→相馬は良かったかもしれません。単騎突破ができるし、森島の動きに合わせる事も出来てたと思います。

そもそも交代枠が3つじゃ足りないぐらいスタメンが間違っていた気がします。

上田は鹿島で得点を量産するまで代表に呼ばなくて良いでしょう。動き出しは一級品ですが、そこからが三流。フィギュアスケートなら動き出しの芸術点で入賞できそう。でも残念ながらサッカーは得点が求められるスポーツです。 ポストプレーも出来ないしね。というか、これに関しては上田にそれを求める森保監督が間違ってるけど。

鈴木武蔵は足元が下手すぎる。強いパスをピタッと止める事ができないし、ワンタッチとか無理そう。体も重そう。代表レベルではない。

井手口はチームワーストです。2ボランチなんで、ボールを刈り取る係とボールを配給する係を並べたいのは分かるけど、井手口は何にもできてない上に、相手のプレッシャーにビビリまくって前を向く事ができないし、パスミスを繰り返してリズムを悪くしてました。これなら大島、田中の川崎コンビの方が遥かに良い。

畠中はとにかくパスを出すタイミングが絶望的に酷い。完全に相手に包囲されているような場所にパスを出していくから、あっさり奪われてカウンターの餌食になってました。

ササショーは足が遅い。それが致命的。前はそれがバレる前に相手に寄せてボールを刈り取れてたから良かったんですけどね。ただし、攻撃のところでは畠中と比べると段違いで良かったでしょう。

ゴールキーパー中村ですが、良いのは面構えだけ。後ろから声掛けしてんのかしら?ていうぐらい守備陣との連携がチグハグだし、ボールもポンポン蹴りだして捨ててるし、失点シーンも全盛期の中村なら止めれたでしょう。完全にJ2仕様のキーパーって感じ。

他は(といっても数名ですが)なんとかって感じでしょうか。

森島はもっと積極性がないとダメかな。カウンターで後ろに戻すのはちょっと腰が引けすぎだった。良くも悪くもサンフレッチェの森島だったと思います。スペースが無くても活きるようになれればねぇ。

田中は奪われ方が悪いところもありましたが、一人リスクを負って流れを変えようとしていたように思います。鈴木がもう少し上手かったら縦パスを奪われる事もなかったろうに、というシーンもありました。ミスはあったものの、前向きなものだし、先発メンバー唯一の及第点だったかな。

三浦は安定感あったし、橋岡は上下動頑張ってました。

遠藤は何がしたかったのか。球離れが悪過ぎました。

あれだけ前半からプレッシャーを掛けに来るというのは容易に想像できたわけだから、どうしのぎ切るのか注目していましたが、結局相手の注文通りになってしまいました。韓国にもミスが散見されたので、付け入る隙はあったのですが、それを活かすことが出来なかったのは残念。

この敗戦をどう次に繋げるか。選手達は良い経験になったでしょうし、森保監督は良い経験で終わらせてはダメです。もっと指導者として上を目指したいなら、この大会の試合を何度も振り返って、短期間でどういう指導をすれば良かったのか、よくよく反省しないとダメです。少なくとも、3試合目にしてこの出来では落第です。

来年にはオリンピックもあります。時間はありませんよ。 頑張れ!森保ジャパン!!


ブログランキング・にほんブログ村へ 記事が良ければ押してください。


『恐竜博物館』(Google Play)
初めてゲーム(Android)を作成しました。放置ゲームなので時間の空いた時にポチポチできます。是非やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です