2019 コパ・アメリカ GL 日本代表 vs チリ代表

色々イライラする事が多かったですね。

まず選手の質。
両サイドバック、ボランチ、FW、まんべんなくレベルが低い。

特に両サイドバックの原と杉岡は攻守両面において「秘密兵器」としてずーーーと秘密にしておくべきレベルだし、ボランチの中山は全然競ろうとしないし、ボールをもらいにいかない。とにかく歩くばっかりで運動量が低すぎ、スカスカの中盤。

FWの上田は何回決定機を外しとんねん。
久保がたった一回の決定機を本気で悔しがったのに対して、「あー、やっちゃった」ぐらいの落ち込みは観ていて腹が立つ。動き出しは抜群なのに肝心の決定力がゼロじゃん。

そして森保監督。
負けてるのにボケーっとして相変わらずの地蔵っぷり。交代選手も意味が分かりません。真っ先にボランチを交代させるべきだろうに。そして交代選手も岡崎投入とか…。酷すぎるベンチワークだと思う。

そもそも論として、U22世代は3バックじゃなかったの?なんで4バックにしたの?

終盤なんか冨安の攻め上がりでしか前にボールが運べなくなるし、やられるにしても酷すぎてポジティブな面が久保以外に全く見つかりませんでした。

第2戦はメンバーをガラッと代えて色んな選手を試すべき。ボランチなんか中山よりウチの松本泰志の方がまだ何倍もマシやん!

と思いました。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です