2019 ACL グループステージ 大邱 vs サンフレッチェ広島

おお!まさかのアウェイ勝利!!

後半、ツインタワーへの放り込みでゴール前に殺到されまくった時間帯は生きた心地がしませんでしたが、見事に跳ね返して無失点に抑えました。まぁ相手の9番が外しまくってくれたお陰であります。

これで勝ち点は9となり、首位に立ちました。
次の相手はホームでの広州恒大戦となります。相手は前半に思いっきりパワーを注いでくると思うので、それさえ凌げれば勝利も見えてくるでしょう。次戦で突破を決める事が出来ればかなり楽になります。

森島、東は良かったですね。野津田と遜色ありません。

パトリックは無理な突破を図るのではなく、周囲をよく使っていました。そして裏への飛び出しで何度かビッグチャンスも作れていました。状態はかなり上がってきてるのではないでしょうか。

ただ、シュートで左が使えないのが難点か…。2度ほどあった決定機(PA内の左側からのシュート)も右のアウトでシュートを試みてましたが、左で蹴れると良いのにね。

パトリックに目掛けたロングボールはほとんど拾えてないから、やっぱりこの試合でも何度かあった裏へ走らせるやり方を徹底させるべきだと思います。

稲垣は一歩一歩がまだ遅れている感じがします。清水、川辺は絶好調を継続中。

逆に水本は本当に衰えたと思う。
「佐々木ならそこでプレッシャーを掛けて取りにいくよな」というところでもステイ。自分がミスしないというプレーの選択ばかりで、相手にとって嫌な守備をする選手では無くなった。DFのミスは失点に直結するとはいえ、相手に自由と余裕を与えると次のパスが致命傷になり得ます。そこを自分のところで食い止めるかどうか、というのがチームにとって重要だと思いますけどね。

井林がベンチにも入ってませんでしたが、何かあったのでしょうか。恐らく選択肢としては井林だったと思うのですが…。

川辺をフルで使ってしまったのは痛かったと思います。あの展開なら仕方ないし、本人は充実しているだろうけどリーグ戦に影響は出そう。(エミルは清水が居るので問題なし)

今の広島の攻撃や落ち着きは川辺が居て成り立っている以上、なるべく休ませたかったところです。早く青山が復帰してくれると良いのに。

FC東京戦の敗戦後という事もあり、ここで敗戦すると嫌な流れになるところでしたが、しっかりと結果を残しました。しかも森島のアシスト、荒木のゴールという若手の躍動も見逃せません。

城福監督にはしっかりと選手を見極めて、フラットな評価でここまで上手くいっている選手起用を継続して欲しいと思います。

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です