【アジアカップ カタール2023】日本代表 vs バーレーン代表

いやー、盛り上がってきました。(DAZN視聴者だけ?)

堅い守備からのロングボールでカウンター狙い、というバーレーンを相手に3-1と良い形で勝利する事ができました。

ほとんど良かったけど、旗手はなんか適当なパスが多くて全然味方に合わなかった。その旗手は前半途中で負傷交代。不完全燃焼の上にケガって…本人は相当落ち込んでるでしょうね。

浅野は決定機が2つぐらいあったけど全然ダメでした。ちょっと次戦から外されても仕方ないぐらいの出来栄え。上田のように点を決めてナンボというFWの位置ですから、ちゃんと決め切らないと。

鈴木ザイオンはずっと2点のプレーが続いているのが見ていてしんどい。ボールを蹴る精度は素晴らしいけど、判断力、シュートストップが絶望的に悪過ぎる。

「嘘だろ…?」と目を疑ったのは失点のシーンというより、それに繋がる直前のプレー。
なんでもないハイボールを取るのではなく、パンチングして相手にボールを渡してからのセットプレー。それが失点に繋がる、というこの一連の流れ。相手を勢いづかしてしまうプレーは酷いな、と。

終盤でも板倉だったかな?ゴール前に張り付くザイオンに怒ってたような気がします。ジェスチャーで「このボールはお前が取りに来てくれよ!」みたいなニュアンスを感じました。相手に寄せられて厳しくなるのは分かっていたから、鈴木が飛び出してルーズボールを抑えてくれると楽になるシーンだったと思います。

もうここまで来ちゃうと鈴木で行かないとダメなのは分かるけど、最後の砦に凄いハンデを背負っているのはキツイ。ミス=即失点の位置で、今回の失点もそれですから。


堂安は頼もしい。久保は相変わらず危ない位置で奪われる危険なシーンもありましたが、ちょっと良くなってきた。何よりチームの為に一番汗をかいていたような気がします。私の中のMOMは久保です。

冨安は安定感抜群。相手の高身長に何もさせませんでした。中山は少しフワフワしたプレーがあったように思います。伊藤と比べてもどっこいどっこいって感じでした。

毎熊、素晴らしい。ただただ素晴らしい。上田は全体を通じて何か物足りないけど(特にファーストディフェンダーとして)、得点という分かり易い結果を出す以上、文句言えない。得点シーンは痺れる。まさにストライカーでした。

オウンゴールとして記録された失点シーンでも頭で弾けたはずなのに、ザイオンに押し込まれたわけですからね。上田は悪くない。


ざっと気になったのはそんなところでしょうか。ノックアウト方式に入ってからの初戦、考え得る最良のメンバーを選択した森保監督。なんの不満もないですが、もう少し佐野を遠藤か守田の代わりで使って欲しい気がします。

さて、次戦はイランですね。
タフな試合になると思いますが相手も前に出てくる分、こちらにもチャンスは出てきそうです。ゴールキーパーだけが不安材料ですが、とにかくシュートを撃たせないないようにすれば勝機が出てくるでしょう。

あと3つ。簡単な試合は一つもないですが、ここを乗り切って頂点を目指しましょう。

頑張れ!日本代表!


レシピブック(レシピ登録アプリ)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です