カテゴリー
サンフレッチェ広島

2022 J1 第21節 サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレ

「噓でしょ?」というぐらい大胆なターンオーバーでした。

これはこれで楽しみですけど、さすがに序盤はチグハグで攻撃の糸口も掴めず。湘南のプレッシャーを受けて危ないシーンを作られました。

後半開始からJSを入れた事で単騎突破という武器を手に入れて、更に野津田、ササショーという大黒柱の投入で後半からは完全に圧倒できてました。なかなか素晴らしい試合運びでしたね。

結果は引分けでしたが、勝ち切りたかった。

まぁこれだけのターンオーバーをして戦えたのはプラスと捉えましょう。


大迫、仕事しましたね~。
毎試合、これぐらいやってくれると良いんですが…。

1対1になるシーンで良いタイミングで距離を詰めて相手のシュートをブロックしたのがありましたが、あれは良かったです。あれで、試合をつなぐ事ができました。


さて評価を上げたのは誰でしょうか?

個人的には今津と長沼は良かったと思いました。長沼はもう少し勝負するべきかな。狭い場所でも落ち着いてるし、もっと我を出して欲しい。

青山は足が遅いのとインテンシティが弱いのが不満だけど、やっぱりボールは捌けるよねぇ…。攻撃のリズムが生まれる。もっと活躍して欲しい。


逆に評価を下げたのは誰でしょうか?

住吉、浅野、野上、川村。この辺はまだレギュラーとの差は大きいと感じました。

まぁ川村に関してはボランチが手薄という事を考えるとまだチャンスはあるかもしれません。でも全く存在感がありませんでした。途中出場の野津田が入ってすぐにボールに沢山関わっているのを見るとまだまだ不足している部分が多いな、と感じました。

住吉、浅野は単純に実力不足かな。浅野は守備でも攻撃でも脆弱すぎます。住吉は「対人の強さ」「足元の上手さ」がどちらも欠けています。これだったら「対人の強さ」に秀でた荒木の方がファーストチョイスになるのも仕方なし。

野上は変わらず。皆さんの評価は高いかもしれませんが、私の中では低い。そしてこの試合でも変わらずでした。よく体を張ったシュートブロックがクローズアップされますが、その前にPA内に入れるなよ、シュート撃たせるなよ、というのがいつも思う事ですから。


あと気になったのはナッシムですね。ちょっと1トップにしてはボールを収める能力が低い。

これなら裏にJSを走らせて単騎突破させた方がチャンスが広がります。スキッベ監督も悩ましいところでしょう。

藤井は90分間、出してあげるのが吉。
多分、60分間アイドリング運転が必要で、残りの30分でフルパワーを発揮して相手を圧倒してくれるんだと思いました。


という事で、今節の大胆なターンオーバーは9連戦の残り2戦、リフレッシュさせたレギュラー陣で勝ちにいく腹積もりは感じました。

苦戦するのは仕方ない、最悪勝ち点を落とすのも覚悟している、と思われた今節の試合でしっかり勝ち点を拾えた。もっと言うと、もう少しで勝ち点3まで見えてた試合を出来たのは良かったと思います。

久し振りに出番があった選手も反省や自信をそれぞれ感じた事でしょう。これを糧に次の試合に絡めるようにアピールしてもらいたいものです。

頑張れ!サンフレッチェ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。