カテゴリー
テレビ

【ドラマ】義母と娘のブルース【感想】

9点(10点満点)


久々に「超」面白かったです。

エリートサラリーマンの岩木亜希子を演じる綾瀬はるかが完全にハマり役でした。

笑えるシーンあり、泣けるシーンあり、ほっこりするシーンあり、と心温まるドラマです。

私の好きな「誰も悪い人がいない」タイプのドラマだと思います。

ストーリーはまさに今のトレンドらしく、視聴者を飽きさせない為に、どんどんと進んでいきます。

そしてかなり起伏も激しく、「起承転々結」ぐらいに揺れ動きます。

でも別にそれが「せわしない」と思わせるでもなく、全10話を見終わった後で、長い長い物語に良い結末がついたなぁ、とホッと出来るように作られています。

見てない方には是非とも!と勧めたいドラマでした。


それにしても、竹野内豊は一生あのほっこりキャラをやり続けて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です