カテゴリー
不定期通信

2020 東京オリンピック

賛否両論の中、いよいよオリンピックが開催されましたね。

連日のコロナ報道はヒヤヒヤしますが、アスリート達の真剣勝負は、やっぱり興奮と感動を与えてくれます。


新しく加わったスケボーでは男女で日本が金メダル。

おめでとう、という気持ちはあるものの、「す、すす、スポーツ…?アスリート?」という疑念は絶えません。

卓球の混合ダブルスは凄かったですね。中国の分厚い壁をぶち破りました。


もっぱら私の場合はサッカー。

女子はちょっと厳しいですな。心技体、全てで劣っています。せめて心だけでも負けなければ「もう一歩」が出ると思うのですが、相手チームの方が遥かに気持ちがこもったプレーをしています。

監督がー監督がー、て言われてますが、私も同じ意見です。人選にしろ、戦う姿勢にしろ、よくここまで軟弱なチームにしたもんです。

澤さんが厳しいコメントしてますが、それだけ歯がゆいのでしょう。

翻って男子は凄いですな。

というか、森保監督さすが!見直した!て感じです。

優秀なコーチも多いのかもしれませんが、それ以上に短期決戦に必要な「戦えるチーム」にしています。予選2試合も完璧とは言い難いにしろ、しっかり勝利を重ねながら反省点を洗い出していると思います。

今、ここで森保監督を批判している人は杉なんとかいう「もう何言ってるか訳わからん」人と、その思想を共にしている人だけでしょう。

そういう輩は生暖かい目で見て、そっとしておくのが一番です。

なんとかメダルを取れると良いですね。期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です