カテゴリー
サンフレッチェ広島

2021 Jリーグ開幕(vs 仙台戦)

いよいよ2021年のJリーグが開幕しました。
今季は結構期待していましたが、初戦を観た感想としては…。

や、ヤバくないかい?

まぁ新しい事(4バック)に挑戦しているので色々とチグハグになって「積攻って言いながら、攻めを積んでないじゃん」というのは仕方ないにせよ、そもそもの選手の質?意識?が「ヤバイ」と思った次第です。


ブラジル人コンビと川辺しか勝負してなかったと思います。

それ以外のフィールドプレーヤーは全然誰も全く、勝負してなかったな、と。相手が嫌がるプレーが皆無でした。

前を塞がれたら横かバックパス。選択肢が空いているサイドのみ。中央を割っていくプレーはほぼ無し。東の消極性は相変わらずでガッカリだし、野上の守備も相変わらずのスカスカっぷりで、不安しかない。

結局、ジュニオール・サントスの個人技に頼ってる感しかありませんでした。森島も浅野も青山も不合格でしょう。

ドウグラス・ヴィエイラ→鮎川、森島→エゼキエウ、野上→今津、東→藤井という布陣にして試して欲しい、と思いました。


不甲斐ない選手ばかりのウチと比較して、仙台はかなり期待できそう。

サイドは積極的にドリブルで仕掛けるし、スウォビィクは頼れる守護神で、何よりも5番のDFが凄かったと思います。ボールを刈り取る力もあるし、自らボールを運んで相手の守備陣形を崩せるトゥーリオや槙野みたいな資質もある。両軍通じて、最も印象に残りました。関口のように熱く味方を引っ張る選手もいるし、カウンターも鋭いしね。


まだ初戦ですが、いきなり(…これはアカン)という気になりました。攻撃の流動性、守備の掛け方がチグハグ、とか戦術的な問題じゃなくて、選手自身の技術力やメンタルが、です。

城福監督にはもうちょっとメンバー選考をしっかりやってもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です