カテゴリー
映画

【映画】えんとつ町のプペル【感想】

絵本は読んだ事ありませんが、YouTubeの宮迫さんのチャンネルきっかけで観たくなって行きました。

まず面白いか、面白くないか。
でいくと、面白いです。やたらと爆発音とか大きいのを除いて、アニメーションは綺麗だし、物語もテンポが良くて飽きさせません。出てくるキャラクターにイライラする事もなく、見ていて気持ちの良い作品でした。

途中で入ってくる挿入歌だけは「要る?」と思いましたが、満足度は高いです。率直に言うと「見て良かったな」と思える作品です。

子供と観る予定をドタキャンされて、「だったら鬼滅を観ようかな…」という誘惑を断ち切って良かった。


ただ私の場合、フラットな意見かと言うと、ちょっと違う気がします。

というのも、予備知識がゼロではなく、YouTubeで作品が作られた経緯を多少なりとも知っているからです。

作中に原作者であるキングコング西野さんの思いが見え隠れしています。それを知っているからこそ、色んなシーンでグッと胸が熱くなり、感動します。

つまり、作者と作品が密接にリンクしている作品だと思います。

作品のバックボーンを知っているか否か。これで評価も変わってくるような気がしました。

どうなんですかね?
予備知識ゼロの状態で見た人の意見というのも知りたいところです。

お勧めは、やはり私のように作品に対する作者の思いを知ってから観るのが良いと思います。そうすれば、より一層面白く感じるでしょう。終わった後には万雷の拍手を。


夢を追う人、チャレンジする人の足を引っ張るのではなく、応援する人になりたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です