カテゴリー
サンフレッチェ広島

【サンフレッチェ広島】2020 第18節 大分トリニータ戦

勝てば良かろう、を久し振りに見ました。

メンバーを大幅に変える事に異存はありませんが、要となる選手ぐらいは残して欲しかったです。

誰も動かない、誰も仕掛けない。全員が不幸になるスタメンはどうなのか?と思います。

攻撃ならドウグラス・ヴィエイラか浅野。
ボランチだったら川辺。
最低でもこの3人のうち、誰かをスタートから入れて欲しかった。

永井は頑張ってたと思うけど、森島、土肥だと何も生み出せず…。ボランチのハイネル、柴崎から攻撃を牽引する事も出来ず…。東はいつも通り。

最初の交代までの時間は本当に酷かったです。

スタメンを確認した時に、唯一攻撃に希望が持てそうだな、と思ったハイネルですが、変なロストばっかりして心臓に悪いプレーばかり。彼をボランチで使うのはもう無しにしましょう。せめてシャドーです。

東は成長が全然見れないので、しばらく別の選手にチャンスを与えて欲しい。土肥もレギュラーを奪うような積極的なプレーは全く見られず、このチャンスでアピールしなかったら何のためにプレーしてるの?という感じ。

井林は良かったと思います。もうちょっと前線の動き出しがあれば、もっとロングボールを蹴りたかっただろうな、と思いました。それでも何度か見せたロングボールは可能性を感じさせてくれました。肝心の守備でも破綻は無かったし、もう少し彼のプレーは、おかわりが欲しいところ。

逆に毎回書いてる気がしますが、ササショーはキツイですね。何でもないトラップを弾いて相手に詰められるシーン、ボールを受けて顔を上げる間に詰められて慌てるシーン、簡単に入れ替われるシーン。危なっかしくて見ていられません。少し休ませてあげて。

荒木は相変わらず高い水準を保っていたと思います。デュエルのところもそうですが、それ以上にボールの持ち出しに自信を持ってきたところが大きいと思います。対戦相手のプレッシャーが始まった時に逃げるんじゃなくて、前を目指せるようになったのは、本人が意識してるんでしょうね。

あれだけ欲しがった柴崎ですが、どうなんでしょう。ゲームを落ち着かせたい時に、途中出場で出てもらった方が活躍できそう…。まぁ、なかなか動かない(というより動けない?)前線だったのでパスの出しどころが無かったというのがあるのかもしれませんが。

ドウグラス・ヴィエイラは1トップでこそ!を見事に体現しましたね。まぁ面白いようにボールが収まる事。
あの長身、長い手足は持って生まれた武器です。永井も悪くなかったけど、それ以上に前線の起点になれる彼が入った事で相手のエリアに容易に侵入できるようになりました。

やっぱり基本としてヴィエイラが1トップであるべき。

城福監督はスタメンを前節から6人代えてきました。
それ自体は問題ないですが人選がどうだったか、というのは大いに疑問です。結果、「動きも崩しもなくて全員ダメじゃん!」という、出場選手が全員不幸になるという事態に陥ったと思います。

もちろん相手のある事ですし、ミラーゲームだから塩っぽくなるのは仕方ないにせよ、前線でかき回せる浅野なんかは必要だったのではないでしょうか? もっとも城福監督としては、土肥(森島)にそれを期待していたのかもしれませんが…。

とはいえ、前半戦で対戦した時に手痛い逆転負けを喫した相手に、しっかりとお返しをできたのは良かったです。

結果としてドウグラス・ヴィエイラ、浅野、川辺、柏といった主力も最低限の出場にとどめる事ができた点でも城福監督の采配が良かったという事ですけどね。(少しモヤっとしますが)

さて、今年はあまり味わった事がない「〇連勝」。
どうかどうか、今週末は2連勝できますように!

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


ブログランキング・にほんブログ村へ 記事が良ければ押してください。


『恐竜博物館』(Google Play)
初めてゲーム(Android)を作成しました。放置ゲームなので時間の空いた時にポチポチできます。是非やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です