2020年 7月 サンフレッチェの現状

うーん、弱すぎる。

前目からのショートカウンターを目指すわりに、前のプレスに後ろが連動せず。プレスがプレスになってない状態の上、ショートカウンターばっかり狙ってるから遅攻になった場合、最終ラインからの組み立てが全く整備されておらず、逆に相手に前から詰められて蹴らされる→回収される、というコンボを浴びる事が多すぎます。

前は前で大事なところでパスがズレたり、足元に収めきれずにタッチラインに流れたり、と非常にレベルが低いかな、と。疲労によるものかなんなのか分かりませんが、ちょっとポジティブになれそうな点が見当たりません。

守備が固い、というより人を並べて何とか凌ぐ、という方が正しいので、「ショートカウンターを狙うなら」もしくは「守り切れないなら」、最初からリスクを冒して欲しい。

前線が一人、もしくは二人で追い込もうとしてるのに最終ラインに5人も並べてボケーっとしてたら、そらプレスなんか簡単に抜けられるし、ペレイラもイラつくのも分かります。現状、ペレイラのタスクが多過ぎます。結局、守備で疲弊して肝心のシュート精度が悪くなってるじゃん。て話です。本当、可哀想…。

もう少し意外性のあるプレーをする人が出てこないと厳しいですね。全部、対戦相手に「そこに出すよね」と読まれながらのプレーだから崩せるわけないでしょう。唯一、ハイネルだけは勝負手を打つのですが、全部相手に奪われてるのが残念。でもあれぐらい前への意識を持ってもらった方が応援のし甲斐があります。

これだけメンバーを固定して、連携が良くなるどころか、疲労でプレー精度が落ちるようであれば、極端なターンオーバーをしてもらった方が支持を得られると思いますけどねぇ。少なくとも森島と青山、ハイネル辺りは一度外すべきでしょう。野津田、茶島辺りは直近のプレーが良かったのでスタメンに起用するべき。

城福監督の英断を求む。求む…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です