【ドラマ】家売るオンナ【感想】

8点 (10点満点)


型破りな破天荒さが売りだと思います。

最初の北川景子のキャラ付けがキツイなぁ、と思ってましたが、見続けていくと良い味になってきます。

話の流れ的に「ん?」と思う事もありますが、大体スカっとさせてくれます。

スペシャル、続編の「家売るオンナの逆襲」まで全部見ましたが、基本的に嫌な人が一人も居ないのが良いです。

が、一人だけ嫌なのは居ます。
イモトアヤコが演じる白洲美加という女性だけは、クズ中のクズです。

イモトって演技が上手いんですかね。あまりにも自然すぎて、最近ではテレビでイモトが出てきても白洲美加にしか見えなくてイラっとするぐらいです。

ちなみに仲村トオルが一番好きなキャラです。愛され中間管理職で、人の好さがにじみ出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です