国際親善試合 日本代表 vs コスタリカ代表

伸び伸び!みんな伸び伸び!

そんな感じだった日本代表の試合、面白かったです。

中島、堂安、南野の海外勢3人組が凄かった。
個で剥がせる能力が高い上、足元の技術も高くほとんどロストしない。特に中島は強烈だったと思います。

Jリーグで今一番上手いと思っているFW小林悠が霞むレベルでした。いや、小林も充分良かったけどね。

ちょっとあんなプレーを見せられると柏はなかなか入り込む余地が無いぞ…。(でも柏もやれると思っている!)

こういう新戦力はアピールだけになりがちですけど、そんな事もなく組織として崩すところもあったし、奪われた後の切り替え、ファーストディフェンスも素晴らしかったと思います。あの辺は森保監督の指導がしっかり浸透してるんだな。

中盤の潰し役としての遠藤も良かったですね。縦へのボールも多く、攻撃を牽引していたと思います。

遠藤がグイグイ行くタイプだったので、逆に青山がバランスを取りながらやっていました。そして必ずボールフォルダーへの寄せをサボらない。相手の狙いをズラすパスも良かった。最初は気持ちが入り過ぎていたように見えましたが、徐々に落ち着き試合をコントロールしていたと思います。さすが青山。

ササショーは開始10分ぐらいはバタバタ。裏も取られたり、ヒヤヒヤしましたが徐々に試合に慣れると持ち味を発揮。対人の強さ、当たりの強さ、積極的に前に出ての攻撃参加で充分に良さを発揮したと思います。素晴らしい!

個人的には三竿、守田をもう少し長い時間見たかったのと、伊藤達哉が見てみたかったですね。震災なので仕方ないとはいえ、1試合出来なかったのが勿体なかったと思います。

さて、森保監督の初陣。これ以上ないぐらいの素晴らしい出来だったと思います。

攻撃のところは文句なしでしたが、守備のところで不安定なシーンが少しあったので、強豪と当たった時にどれ程やれるのか。これからでしょう。

まずは初勝利、おめでとうございます。アジアカップまでに沢山の選手を招集して見極めてください。頑張れ!森保ジャパン!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です