2018 第20節 サンフレッチェ広島 vs V.ファーレン長崎

とりあえず勝った。しかも無失点で。

そこに集約されると思いますが、少し不安を覚える内容なのは感じました。

その要因は覇気があんまり感じられない。
一つ一つのプレーに気持ちが入ってないというか、簡単なパスミスが多過ぎるというのが気になります。和田は完全にお疲れだと思うので、吉野か野上と交代させるべきだったでしょうし、次節は連戦になるので休ませるべき。

あまりにもメンバーが固定し過ぎる弊害が「気持ち」を感じられない原因かもしれません。チームの活性化が無いというか…大して良いパフォーマンスでもないのに試合に出られるという緩みがあるような気がします。

千葉ちゃんは前半戦の堅守を支えた野上が戻った事でもう少し気合を入れてくれるでしょうが、和田のところは心配。

もう一つは決定的なシーンを外し過ぎる。
渡、パトリック。キーパーとの1対1を外すのはアカンでしょ。あれを決めていればチームが楽になっていたはずです。

守備のところで相手にチャンスを作らせる事が無かったので助かっていますが、もう少し強力な攻撃陣が揃っていたら、同点もしくは逆転されている可能性すらあります。仕留めるところで仕留めきれるか…そこが(小林悠が居る)川崎との大きな違いだと思います。

特に次節はポドルスキ、イニエスタという屈指のゲームメーカー兼フィニッシャーが居ます。「神戸 vs 磐田」を観ていましたが、それに加えて郷家、古橋というガンガン仕掛けてくる活きの良さと中盤の底でゲームを組み立てる藤田が上手く噛み合っています。

持ち味である粘り強い守備からのカウンターで仕留める術をしっかりと発揮しないと終始ゲームを支配されて負ける気配すらします。

こちらの有利な材料としては、中3日なので復帰したばかりのポドルスキ、イニエスタ共にそこまで運動量は上がらないであろう、という事です。こちらの運動量を上げて相手が嫌がるようなプレーが出来れば勝機はあるでしょう。

神戸戦の後は川崎戦とタフな戦いが続きます。

夏場の暑い時期だと、メンバー固定によるメリットよりも疲労というデメリットの方が大きいと思います。

城福監督には上手く選手をローテーションして酷暑の連戦を乗り切って欲しいです。(と願っていますが、まぁ間違いなく同じメンバーでしょう)

とにかくチーム一丸となって連戦を乗り切って欲しい。そう願います。頑張れ!サンフレッチェ!

(あ、あと今節の林卓人は完璧でした。チームに勝ち点3を導いてくれたと思います。)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です