2018 第17節 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島

ランゲラックというキーパー、何なんすか。
打っても打っても止めてくる、あの楢崎の記憶が今ここに蘇る。

ウチの林も凄かったけど、それ以上の反応速度と予測の速さがあったと思います。

ここで勝ち点2を逃したのは非常に大きな痛手となりましたが、間違いなく決めたと思った3点ぐらいを止められたわけですから、相手のキーパーを褒めるしかありません。

あとジョー、ね。
水本、千葉では太刀打ちできないぐらいボールが収まる。名古屋の攻撃で怖いのはショートパスよりもジョーにロングボールを入れた時からの前田のドリブルとシャビエルが絡む攻撃だったので、あの回数を増やせば広島にとって嫌だったと思います。

広島としては難しい試合でしたね。
名古屋は補強選手がドカーンと入ってきて、誰がどうとかウィークポイントが突きにくい真っ新な状態での試合。

それでも急造チームと比べるとしっかりしている分、前半である程度やり方が分かって、後半から広島の時間になるかと期待していましたが、あまりそんな事もなく…。

名古屋の「やってやる」という勢いの方が上だったのかな、と思います。まぁキーパーが凄すぎた、というのが一番ですが。

広島は前から行って外されるのが嫌だったのか、かなり引いてブロックを作って待ち構える、という作戦でしたがなかなか流れを掴めてませんでした。

ボールを動かすとかなり穴が出来ていたので、もっとボールを握りたかったですね。

特にサイドではかなり深くえぐってPA内に侵入できてましたが、全員が同じ並びで突っ込んでくるので、もう少し後ろからズレて入るとか、工夫が必要だったと思います。そういうシーンが2~3回ありましたが、速いクロスがどれも最初のDFにクリアされるのはダメでしょう。

千葉ちゃん、久し振りの先発でしたが、やはり水本、千葉コンビだと後ろが重たくなりますね…。名古屋に簡単にパスコースを消されて追い込まれるシーンが多々ありました。もうちょっとラインを崩してわざと前目ににポジションを取るとか、意外性のある動きやパスがないと今節のように追い込まれるシーンは増えていくでしょう。厳しいです。丹羽が居ない今、野上の復活が待たれます。

疲れがあったのか、全体的にパスミスが多かったと思います。それでも流れを完全に持っていかれず、チャンスはかなり作れていたのはポジティブに考えても良いかと。ただし、FC東京や川崎相手には致命的となるので、もっとそこは突き詰めて欲しい。

今節逃した勝ち点2は非常に大きいですが、前半戦を終えて、勝ち点41。「立派」の一言です。

次節の浦和戦。優勝争いに残っていくには大事な試合となります。代表選手も多いですが、チームの総合力で勝ち切りましょう。

頑張れ!!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です