2018 第12節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

昨年、苦しんだサンフレッチェ広島を残留させてくれたヨンソン監督率いる清水エスパルスとの対戦。

金子と石毛が絶好調というのは何度もハイライトで出てきて知っていましたが、その両名にほとんど仕事をさせず。しっかりと2得点を取り切ってまたもや無失点での勝利を手にしました。

良かった事。
とにかくボールがスムーズに回るようになってきました。相手が前からのプレスで嵌めに来ましたが、それすらもスルっとかわして攻撃に繋げていました。

城福監督がシーズン前に言っていた「1節よりも10節。10節よりも20節。徐々に良くなってくる姿を見せたい」と言ってましたが、確かに攻撃時の連携面はかなり良くなってきました。

それもこれも青山が良い位置でボールを回す潤滑油としての役割を果たしているからだと思います。

悪かった事。
押し込まれる展開での打開策が全くない。とにかく全員が守備に回るのでボールを取っても深い位置で奪い返されたり、単純にロングボールで逃げたり…。

青山は「割り切ってる」と言いますが、攻められている以上、失点の可能性はあります。あそこでもう一度自分達のペースでボールを握る事が出来るようになると「完成されたチーム」になるのではないでしょうか?

まだ12節。課題はありますが、結果として無失点でゲームを終わらす事が出来ているのは手放しで褒めるべきでしょう。やったね!

それにしても川辺は満を持して復活したはずなのに、どんどん置いていかれています。

悪い位置でのボールの奪われ方だったり、積極性が無かったり。押し込まれる展開で投入される事が多いにしても、途中交代で違いを見せれないのは辛い。

柴崎の巧みなボールの受け方やパス出し、柏のドリブルでの突破。この両名の壁は相当に厚い。それに打ち勝てるぐらいの強さを見せないと居場所はなかなか無いですよね。はてさて、本人はどう思っているのか。

あと野上は疲れてくると益々プレーが酷くなりますね…。千葉、丹羽の離脱は本当に痛い。中断期間まで上手く水本、野上、吉野で乗り切って欲しいところ。

さて、痛い一敗をFC東京に喫した事で「絶対勝ちたい」気持ちが主要なメンバーをほぼ固定して3連戦を戦いました。

後半、強いはずのサンフレッチェでしたが、(リードしている展開を差し引いても)かなり疲れが見えてきました。

次節を乗り切ればリーグは一週間空きます。ルヴァンはいつもの総入れ替えが出来る事を鑑みて、やはり主要なメンバーをそのまま出すのでしょうか。うーん、もうここまで来たら「もう一戦、頑張ってくれ」となるのでしょうけど、DF陣は吉野が居るので水本か野上は入れ替えた方が良いと思いますけどね。

城福監督のチームマネージメントにも注目の次節はヴィッセル神戸戦。ポドルスキーのプレーが楽しみでしたが、どうも足を痛めた模様。果たして出てくるのか。出てきたら怖いけど見てみたいですよね。

残留圏まであと勝ち点9。まぁほぼ間違いなく残留は問題ないと思いますが、まずは合言葉として40を目指しましょう!頑張れ!サンフレッチェ広島!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です