第7節 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス

ここまで好調を維持する広島は、同じく新しい監督の元で結果が出始めたマリノスと対戦。

「マリノスの飯倉は11人目のフィールドプレーヤー」とか聞いてましたが、本当にそれだったからビックリしました。

というか、飯倉ってこんなに良いキーパーだったっけ?と思うぐらい、シュートストップが上手いですね。PKも読み切って反応してますし、日本代表で見てみたい気がします。まぁウチにも神がいますけど。

あとビックリしたのは山中。ウーゴ・ヴィエイラも良いのでしょうが、マリノスの中心は山中ってぐらい攻守に目立っていました。逆に飯倉と山中が居ないとマリノスは厳しくなりそう。

試合は面白かったです。
PKのジャッジに関してはおあいこでしたね。家本さんとしてもウチへのPKを判定した以上、こちらにも同じようなシチュエーションだったらPKを取らざるを得なかったって感じ。あと渡の最初のゴールはオフサイドじゃなかったと思うし。ただ、それ以外は選手も観客もゲームに集中できる「素晴らしい」ジャッジだったと言えるでしょう。

それにしても前半はやられ過ぎ。マリノス対策として前からガツガツ行かない(体力の温存も視野に入れてたのか?)というのが徹底されていて、引いて守ってカウンター狙いが効果的だったのは間違いないのですが、あまりにもボールホルダーへのプレッシャーが少なくて、楽にボールを回させていました。もう少しボランチも含めた前の選手は追い込むべきだったと思います。

後半から早めにパトリック、青山を入れたのはそういう(ボールに行けていない)ところを強くしたい思いからでしょう。

実際、負けている状況も相まって前線からの追い込みを強くした事によってボールがこぼれてくるようになりました。

お返しのPK。その後、パトリックの2ゴールがあって終わってみれば3-1という久し振りの複数得点での逆転。先に失点しても焦れずにやれてますし、反発力というか後半からの巻き返しも良かったと思います。

前節からメンバーを6人入れ替え。やはりディフェンスラインは替え辛いよねぇ…と思いました。それでも丹羽がメンバーに入ったって事は水本とそんなに差は無いんだろうな。と思っていたら、そんな丹羽が負傷退場。この試合もそうだし先の事を考えてもかなりの痛手。大事じゃなければ良いですね。千葉、丹羽ともども早く戻って欲しい…。

あと少し不満だったのはフェリペじゃなくて柏の先発。うーん…フェリペ見たかった&柏を休ませたかった。
でも次節ぐらいには出番が回ってきそうだから活躍を期待したい。フェリペのヌルっとしたプレーが観たいんじゃ。

松本はインパクトが無かったですね。チーム戦術上、引いたプレーになってしまったという事情があるにせよ、リーグメンバーの青山、稲垣とはまだまだ差があるなと思いました。特に青山が入ってからは彼が良いタイミングでスイッチを入れてチームが動いてましたから、あの辺は展開を読む経験にも差が出ているのかな、と。

川辺も我慢しながらプレーしている感じでしたが、それにしてもプレーが淡白だったと思います。渡はもうちょっと。

城福監督、後半からの修正はさすが。
まぁ修正というか、もう少し前から攻撃的な守備をしていこう、という程度だと思うけど。ただ、早めの交代策は絶妙でした。あれで流れをウチに持ってきました。良い仕事をしてはる。

これで勝ち点は19。
昨季の自分に「4月で勝ち点19よ」って言っても信じないでしょう。それぐらいのドン底でしたから。

首位云々よりも、まずは勝点40!そこまであと21です。まだ遠いですが、一戦ずつ着実に積み上げて残留圏内に到達しましょう。

次節はミキッチの居る湘南です(敵として会いたくなかったな…)。恩返しされないようにササショーには頑張ってミキッチを抑えてもらいましょう。
ハードワークが売りの湘南。走り負けないように選手も気合を入れて連勝を積み重ねて欲しい。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です