2018 第一節 サンフレッチェ広島 vs コンサドーレ札幌

2018年のJリーグが開幕しました。

昨季、ギリギリの残留を果たしたサンフレッチェはフロント、メンバー、監督、スタッフを一新して2018年に挑みます。そしてその初戦となったのは何かと因縁があるペトロヴィッチ監督率いるコンサドーレ札幌。

独特の雰囲気が漂うホーム開幕戦。色々難しいながらも無失点で勝利。
後半、あれだけ前掛かりに来た相手にカウンターで追加点を奪えなかったのは反省点ですが、一番大事なミッション「勝ち点3」を取る事が出来ました。

酸い(残留争い)も甘い(優勝争い)も経験した身としては「結果がすべて」。それは森保監督退任という痛みを伴って心に刻まれています。

逆に内容は結果と共に付いてくる事も知っています。上手くいかない時でも全員が体を張って勝利を重ねていけば、自ずとチームに好循環が生まれ、強いチームとなっていきます。

最後にあれだけ身体を張れる選手を見ていると「今年はやれるかもしれないな」と思いました。

チームとしてはまだまだ完成度は低いです。

何度か良い連携からサイドを突破したり、「お!」という場面も見られましたが、先制点を決めた後は気持ちが後ろ向きになるのか、後半から徐々に守備にシフト。押し込まれたというのもありますが、重心が下がり過ぎたのは良くなかったと思います。

中盤の強度が低かったのも気になったし、前線と後ろとの距離も空いてたのはあまり宜しくないかな。パトリック、ティーラシンはもう少し守備も頑張らないと後ろの負担が大きくなりすぎるでしょう。

青山はやはり活きないなぁ。足の遅さの方が目立って、お願いスライディングやファールでしか相手を止められないのは厳しい。ボールを持っても視野の広さが活かせないし、現状は吉野の方が良い気がします。稲垣、吉野のコンビで徹底的な潰し役が出来るでしょう。

さて、他にもササショーの息切れとか、水本の安定感とか、和田の存在感とか色々書く事はありますが、とにかく勝ち点3を取れた事が何よりです。

これから更に強い相手と当たっていきますが、一つ一つを大事に戦ってまずは残留圏内に留まる事を目標としましょう。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です