2017 第22節 ベガルタ仙台 vs サンフレッチェ広島

絶対に勝ち点3を取りに行かなくてはいけない7連戦でいきなりつまずきました。しかも色々と不安になる内容の試合で「降格」の文字を受け入れる覚悟が必要になるかと思うほどの出来。

一番不安に思ったのは「センターバックがヤバイ」という事。
音楽の世界では「良いグループには良いベースが居る」と言われるように、サッカーの世界では「良いチームには良いセンターバックが居る」という、たった今私が作った定説からすると、J2でもやっていけないような「千葉、水本」というコンビ。最後の砦というにはあまりにも脆弱すぎ。

水本に関しては前節で完全に見限ったように、相変わらずの「身体を張らない」「ボールを取りに行かない(FWと勝負しない)」「献身性ゼロ」なので論外として、今節の千葉ちゃんは本当に酷い。プレーも雑、対応も後手後手、走り負け。疲労がアリアリでプレー精度が落ちすぎ。

次に不安に思ったのがヨンソン監督。
もしかして相当チームマネージメントが下手?

出場停止の青山以外、ここまで全く選手の入れ替えが無いというのはどうなん?連戦ですよ?後半なんか全員の足が止まってベガルタの動きに付いていけてないじゃない。

なのに交代は遅いうえ、完全にメンバー固定しているから連携は悪いし、交代で入れる選手が全く活躍できない現状。

まだ選手の特長を把握してない?
何言ってんの?どんな無理を言おうが、結果を出し続けなくちゃいけないんですよ。今はもうそういう状況まで追い込まれているんですよ。

コンバートとか育てるなんていうのは余裕があるチームの話で、今のサンフレッチェ広島は「現状のメンバーで最大限の力を発揮できる環境」にしなくちゃならんのです。

サイド攻撃をもっとしろ?アホか、と。
だったらサイドを専門にしていた柏をサイドバックで張らせろ。ガンバ時代にセンターバックが専門だった丹羽は素直にセンターバックをさせろ。「俺流」の配置にせずに選手が得意とする場所で勝負させてやれ。

青山の代役に柴崎?
柴崎はあくまで「ボールの収めどころ」。青山とはプレースタイルがかけ離れすぎてる。攻撃に迫力を出したいのならせめて茶島にしろ。もしくは森島を出したのなら森島をボランチにしろ。

なんかやりたい事に対して配置する選手がおかしいと思う。もっと選手の特長をコーチ陣と詰めてやってくれないものだろうか。

森保元監督に対して「部活のような友情物語」で前半戦を無駄に消化した上、サンフレッチェの選手を全く知らない異国の監督を連れてくるというフロントはプロフェッショナルとはかけ離れた無能と言われても仕方ないでしょう。

残念ながら青山、パトリックに頼るしかない今の広島。どちらかが怪我したらそこで終わりですが、もうそこに賭けていくしかありません。

あと6戦。幸いにもまだ甲府、札幌とは勝ち点差5です。その甲府とは次節当たります。何がなんでも勝たなくてはいけません。

ここからはトーナメントのように一戦一戦を出し切らないと残留なんて出来ないでしょう。戦術パトリックだろうが何だろうが、勝ちきる。どんなに不細工でも勝ち点3を手に入れる。泥臭く、寄せを強く、気持ちを持って臨んで欲しい。

手のひらを返す準備は出来ています。
頑張れ!というか勝て!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

One comment

  • 今年の体たらくは、結局織田・足立の無能フロントが招いたことだと認識しています。
    まずやるべきことは、こいつらの一掃。
    今年については、久保会長が表に出てこられないのも気になる・・・

    選手が第一義的にプレーするわけですが、今は、根本治療を考えていくほうがいいかと。
    もちろん、残りのシーズンは現状の中でどうやって勝ち点を積み重ねるか?なんですけど。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です