2016天皇杯 準決勝 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

寿人と浩司に天皇杯を!の旗印のもとにやった割に、全然気持ちがこもっていない試合にて今季終了を告げました。

最後がこんな試合とは…という腹立たしい気持ちがこみ上げてきますが、ある意味2016年の集大成のような試合だったのかな、と。

鹿島が勝負強いという話ではなくウチの決定力の無さ、これに尽きる試合でした。
皆川、柴崎、ロペス。それぞれに決定的チャンスがあり、しかもロペスはPKもありました。それで1点も入らなかったらどうしようもない。まさにウタカにおんぶに抱っこの攻撃陣を象徴してました。

鹿島は金崎、柴崎、西と大事なピースを欠いた上、連戦のお陰で明らかに運動量は落ちてました。ウチも長い中断期間で試合勘や90分通した体力という点において決して有利とは言えませんでしたが、それでもロペスの頑張りもあり体力的な差は付けていたと思います。それで決めれなかったらもうどうやって鹿島に勝つの?

失点シーンについてもどうなんでしょうね。ボールに釣られた野上が悪いのか、セルフジャッジで足を止めてボールを見送った水本が悪いのか。もっと言うと角度のないところでしっかり枠内にシュートを決めた赤崎を誉めるべきか、あれだけ角度のないところで決められた林を責めるべきか。

試合全体を通してギリギリの部分での執念であまりにも淡白でした。最後の試合でこれだけ気持ちが入ってない試合を見せられた寿人、浩司が可哀想になってきます。

そうは言っても良かった選手はいます。
ロペス、柏、野上、塩谷は90分を通して目立っていました。

戦犯と言っても良いロペスではありますが、試合を作る上では相当に重要な仕事をこなしてくれました。特に鹿島がCWCの勢いままにハイプレッシャーで試合を支配しようとしてた中で、一人でキープ、突破した序盤のシーン。あれで鹿島の運動量が明らかに落ちました。その後も何度もボールを持って相手の脅威となり得ました。そこは評価してあげたい、けど…けど…。

柏は相変わらず良かったですね。私の中では一番。そして野上も1対1の強さが際立っていました。相手に寄せてしっかりとボールをかっさらう。(これって4~5年前だったら水本も出来てたプレーなんですけどね)本当に千葉ちゃんもポジションが危ういのでは?と思わせるプレーでした。塩谷もベストイレブンに恥じないプレーでした。

逆にワーストは青山、酷いにも程がある。シーズンオフに入った気分そのままに試合に臨んでる感じにしか見えなかった。一番気持ちを見せないといけないのに、一番動きが重かった。その上、15m離れたパスは悉くミス。寿人のラストになるかもしれなかった試合でこれは無いでしょう。

他は普通。なんとしても勝つ!という気合は見られませんでした。

1月1日に寿人、浩司と共に喜びたかったのですが、それも叶わず。これにてサンフレッチェ広島の2016年は何も得られず終わりました。天皇杯も敗退なので来季のACLも出られず、近年を思えば寂しい結果となりました。

ここからは来季に向けてになりますが、森保監督は先発メンバーをよくよく熟考して欲しい。特に柴崎。なんかアンタッチャブルで絶対的に必要な存在みたいな位置付けですが、私の中では一番不適切な先発メンバーです。

柴崎の良さって囲まれてもキープできる強さとPA内にフリーランできる上手さでしょう。でもシュート力はないし、コーナーキックの精度も悪い。ドウグラスやロペスのようにドリブルで相手に仕掛ける事もない。

そしてここが一番の不満点ですが、圧倒的にパスセンスが無い。柏がスピードに乗ったドリブルが出来ないのも、寿人が得点を量産できなくなったのも柴崎が原因だと思っています。いまだ高萩と比べてしまうから特にそう思ってしまうのですが、でも事実でしょう。

柴崎がボールを持った時に柏が相手の裏に抜けようとスプリントを開始するも、すぐに後ろに戻す。視野が狭いから寿人の裏取りに合わせられない。というより、自分がPA内に入りたがるから寿人が置いてけぼり。

柴崎が悪いのではなく、シャドーで起用している森保監督の問題です。「今更?」という話ですが、どうしても書きたかった。柴崎にシャドーは無理。本当、今更だけど。

それから丸谷と皆川はもう諦めて。何年やっても変わらないクオリティー。丸谷はどうやってもカズの壁は越えられません。どうしてもカズを出したくないなら宮原に賭けてよ。それならまだ納得いきますが、成長が見込めない上にカズよりも劣る丸谷を出すのは納得いきません。

皆川もどれだけ練習が良くても、本番で全く結果が出せないのだから、これ以上広島でやるよりもレンタルで修行した方が良いと思います。じゃないと来季もずっとこんな調子で貴重な一年が終わるでしょう。

そして頼むから野津田を起用して欲しい。またレンタルという噂がありますが何としてでも引き止めてチャンスを与えて欲しい。宮原しかり。と思ったら野津田は清水にレンタル移籍なんですね…ショックだわ。これ、森保監督が居ると帰ってこないパターンなのか?

まぁまずは怪我人が出ないように、そしてコンディションの維持が一番の優先事項。幸い(不幸?)にも来季はそこまでタイトスケジュールではありませんので、しっかりとコンディションを整え、優勝争いに加わる事ができるようにチーム一丸でやってもらいたい。

あと、森保監督はちゃんと競争原理を入れてね。聖域なんか要らないよ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です