2016 ルヴァンカップ準々決勝 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

贅沢を言って2-0で勝って欲しい、て書けば良かった…。

ガンバ相手に無失点は難しいけど、林…あそこはポジショニングで止めて欲しかった。何だろう、大事なところでスーパーセーブ見せて欲しいのに。もちろん寄せ切れずにシュートを打たせた千葉ちゃんの責任は重いけど、あれだけ角度がなくなっているのだからシュートコースをもっと限定できたような気がしますよね。

試合は手を知り尽くしている相手だけに堅い試合になるのは仕方ないのかな。ガンバにスペースを与えたくないのか、全体的に下がり気味だったのは気になりましたが、そこまで悪いとは思いませんでした。外されても粘り強く守備ができていたと思います。故にあの失点は痛かったし林に何とかして欲しかったですよねぇ…。

ましてガンバは飛車角落ち。遠藤、今野、アデミウソン、オ・ジェソク、東口と居ない状況だったわけです。長谷川監督のコメントを読む限り、遠藤を温存。賭けに勝ったという感じでしょうか。広島としては厳しい状況ですね。

さて、気になった選手ですがまずはフル出場を果たした野上。思ってた以上に出来ていたかな。とは思いますが、攻撃時のポジションが下がり過ぎでした。もう少し千葉ちゃんが出し易いようにサイドに張り出して受けて欲しい。まぁでも気になったのはそれぐらい(というかそれこそが一番大事なところなんですけどね)。野上が引っ込み思案なぶん、水本が頑張って攻撃参加してましたがなかなか良かったと思います。普段からそれぐらい行ってくれれば良いんですけどね。

ウタカは酷かった。ちょっとボールロストが多過ぎました。ボールを持ち過ぎて囲まれてるという単純な理由なんだからワンタッチではたく、という事を織り交ぜれば良いのに頑なにキープしようとして奪われてました。初めて「ウタカ、今日はダメだな」と思いました。なので早い時間帯での交代も已む無し。

その交代が寿人という選択も良かったと思います。前節が良かったですからね。が、その寿人がねぇ…。やっぱり安定して出場させるとダメだな、という運動量だったと思います。流れを変えるプレーを期待していただけに残念。交代で入ったのに存在感はほとんど無く、ガンバの呉屋が良い仕事したのとは対照的でした。

森保監督やメディアに不満を言う前に「どうして出場できないのか、どうして出場できたのか」という違いをしっかり考察して欲しい。寿人が入ればテレビで見ていても伝わるぐらい会場も盛り上がります。でも何も起こらない試合が続くとそれも無くなって来ます。下手したら「なんで寿人?皆川にしてよ」という日が来るかもしれません。会場の雰囲気が変わる今こそ、スイッチを入れる役目を果たして欲しいですよね。

あと茶島がこの2試合、結構良いです。スタメンどころか途中出場すらできない状況が危機感を煽り、彼を変えたのかもしれません。仕掛ける姿勢、運動量、ファーストディフェンスの役割、しっかりこなしていました。一試合、一試合をこうやって出し切ってもらうと森保監督としても第一候補に挙げてくれるでしょうから頑張って欲しい。そして寿人には再び森保監督の信頼を得てきた茶島を見習って欲しい。

さて、ホーム&アウェイのホームで痛い引き分け。ガンバには今シーズンやられっ放しというイメージです。
とはいえ、フジゼロックス以降は0-3 → 0-1 → 1-1 と来てるので、次は勝てるんじゃないでしょうか?という願掛けをしておきます。

とにかくアウェイゴール云々ではなく、勝てば突破なのでそれだけにフォーカスして試合に臨んで欲しいと思います。意地を見せろ!頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です