2016 2nd サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府

噂では年間3位を狙っているらしい広島。
言葉とは裏腹に覇気のない試合で甲府に勝点3をプレゼントしてノー勝ち点でフィニッシュ。

勝負事なので負けるのは仕方ないとしても、湘南戦に続きチーム全体としてやる気の感じられない試合はピンチかもしれない。「もう優勝狙えないしね…」みたいなモチベーションの低さは隠せてないです。

最近は子供を寝かしつける為、夜中からスカパーオンデマンドで見ているのですが、空いた時間で少しだけ首位決戦「浦和 vs 川崎」を観てました。この暑い中でミスも少なく運動量も豊富で、ものすごい熱量を感じました。まさに天王山に相応しいゲームだったと思います。

翻っての「広島 vs 甲府」。悲しくなってくる…。
例えば、ウチが年間首位や2nd首位の立場だったら、もっと序盤から甲府を押し込んで相手のやりたい事をさせないように先制点を奪いにいっていたでしょう。後は出るしかない相手にカウンターを仕掛けて磐石の態勢を築いていた事でしょう。今年は怪我人が多いから何とも言えませんが、少なくとも間違いなくもっとモチベーションの高い試合が観れた事でしょう。

そう、年間首位や2ndの優勝争いが掛かっていれば誰でも頑張れるんです。
大事なのはそこから脱落した今、どれだけ頑張れるか。何を目標として頑張れば良いのか、難しい今こそしっかりとモチベーションを上げて勝ちに行く。それがシーズンの最後に何かを起こしてくれるんです。(とカペタの偉い人が言ってました)

そういう意味で森保監督のモチベーターとしての能力がここ最近は発揮されていないな、と。

やっぱりカズの右サイド起用とか不可解ですもん。宮原も居るのにさ。今節は確かに慣れてきた感じはありましたがシャドーのロペスといい、ちょっと先発選びに実力や適性というより「好き嫌い」で選んでいる気がします。それって頑張ってるサブメンバーもテンション下がりますよ。

試合を振り返ってみると、甲府との相性が悪すぎてミキッチも柏も柴崎もロペスも存在感が希薄。
柏だけは古巣相手に奮闘する様子が見れたから、単純に柏を使って清水がフォローするだけでもズタズタに出来た気がするんですけどね。唯一テンションが高い柏をほとんど使わないってのはどうなん。ミキッチ対策万全の相手にミキッチを勝負させても無駄なロストを繰り返すだけなのにね…。

そしてロペスはまだまだ野津田の下位互換。ボールタッチは魅せるところもあるし相手に寄せられてもキープできる上手さは備わっていますが、あまりにもチーム戦術に馴染んでなさすぎます。もっとサテライトで修行してからの方が良いでしょう。とはいえ、そこのポジションに茶島や寿人だと活きないだろうしな…。宮吉、浅野、野津田、これだけ居なくなるとは思いもよりませんでした。

柴崎もキラメキは2~3試合で終了かな…。ロペス以上にボールに絡めない上、CKの期待感もゼロ。むしろ柴崎が先発で出れている状況は良くないと思うんですけどね。これも森保監督の好みだからなぁ。

交代で入った寿人は足元で受けたがる前線と違って裏を取る動きで甲府を慌てさせました。違いを生み出せるところは良かったです。

青山は無難。無難オブ無難でした。それに1ボランチでの青山はちょっと怖い。幅広くカバーできる丸谷の方が良いでしょう。

さて、リーグ戦ではまさかの4位。とはいえ上位3チームとの勝点差はかなりのものになっており、2016年は3強+その他って感じですね。鹿島が少し調子を落としたのでギリギリ3位が狙えるか?というところですが、今のサンフレッチェのチーム状態では無理でしょう。とはいえ、少しでも可能性を残す為にも「その他」のトップには位置しておきたいところ。

ありがたいことに塩谷も戻ってきました。森保監督は次節どうするのか?それでもどこかでカズを使うのか。気になるところではありますが、納得できる先発で勝負に臨んでもらいたい。とにかく球際で負けない事、イーブンのボールを奪い取る気迫を見せる試合を見せて欲しいと思います。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です