2016 1st サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレ

うーん、苦しいですね。ギリギリで引き分け、最低限の結果を残せましたが攻撃の迫力がほとんど無いまま終了。もっとも攻撃というより守備の方がかなり問題ではありますけど…。

試合自体は湘南のハイプレスをものともせず、しっかりと繋ぎゴール前まで攻める「サンフレッチェらしい」試合はできていたと思います。一つ流れが上手くいけば乗っていける、そんな兆しはあるのですが如何せんシュートが枠に飛ばないのとカウンターからの淡白な失点はどうしたものか…。

ざっくり分けると寿人、ミキッチ、柏、青山、宮原はポジティブ。
ウタカ、佐々木、千葉は微妙なライン。
林、柴崎、塩谷はネガティブ。

2ボランチと両サイドバックが良い状態をキープしているから繋ぎのところや攻撃のところは良く見えるのですが、評価が難しい3人+良くない3人がいるとやっぱりチグハグですよね。

ウタカは上手いけど相手に流れを渡してしまうミスが多い。一回外しても良いけど、私としてはもう少し使い続けてみて欲しいかな。少なくとも今の面子の中ではキープも出来てパスも出せて運動量もあるので、真っ先に使いたい気持ちは分かります。佐々木、千葉はもう少し判断力とプレイスピードを上げる必要があります(まぁ悪くはないんですけど)。

林は守護神というより守護人。決して神ではないプレーが今季は続いています。今節の2失点なんかは特にそう思いました。1失点目は相手のミドルシュートでしたが、しっかり反応できてるし触ってもいます。2失点目でもゴール前で相手にしっかりと詰めてるのだから体のどこかへ当てて欲しかった。林の責任で負けた試合は無いけど林が救ってくれた試合も無い、というのが今季の苦戦を物語っているのかと。

競争というのであれば次のACLは増田にチャンスを与えてみるのも良いかもしれません。もしここで良いパフォーマンスをすれば林との序列を考え直すキッカケになるかもしれません。まぁ森保監督は簡単に代える事はしないだろうけど…。

そして何故かスタメンか分からないのが柴崎と塩谷。塩谷はとにかくパスミスが多過ぎてウタカ以上に相手に流れを渡してしまってます。ちょっと容認できないレベルになってきていますよ。柴崎はボールを持っても全く怖さがありません。基本、安全な場所へパスか後ろへ戻すパスばっかりだからミスは少ないけど迫力がゼロ。そして柴崎、塩谷ともにシュート精度が悪すぎる。柴崎は枠に飛ばしても弱いボールかキーパー正面。塩谷に限れば枠にすら飛ばない…。

柏とミキッチはキレキレかな。特に柏はコンディションが良好になってきた模様。青山も引き続き良いパフォーマンスを維持。今節でも相手を寄せて逆サイドの展開、という相手が嫌がるプレーを何度も見せてくれてました。宮原も相変わらず良好。ただインターセプトに何度か失敗してポジションがガラ空きになるピンチがありました。あの辺はまだまだカズの領域ではないな、と。

寿人は個人的に悪くないと思う。森保監督がどうして45分で交代させたのか、謎です。茶島の選択は良かったと思いますけど、だったら交代すべきは柴崎じゃなかったのかな?茶島がスペースで受けてミキッチを走らせてクロスに寿人、というパターンの方が良かったと思います。

今節では特に林の不調が気になりました。今のサンフレッチェは「足元が上手いフィールドプレーヤーが11人居る」状態。本末転倒というか、最後の防壁として本職のセービング能力を発揮して欲しいところです。

公式戦、フジゼロックスを除いて勝ち星なし。なかなかキツい展開です。
ただ試合内容はACLアウェイのFCソウル戦以外は悲観するものでもないですし、一つ勝てれば波に乗っていける、そんな雰囲気も感じています。とにかくまずは体を張って泥臭く勝利を掴むこと。その泥臭くを続けていけば置いてけぼりにされている優勝戦線にも加わる事が出来ると思います。踏ん張り時です。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です