CS決勝 2st leg サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

年間王者を決めるチャンピオンシップ決勝。
第二戦も第一戦と同じくガンバに試合を支配されながらも我慢し、最終的に1-1と引き分け、見事に年間王者を勝ち取りました!!

まずはおめでとうございます!!
リーグ残り4試合からここまでの間、全てがヒリつくような試合でしたが、最後は最高の結果を手に入れ報われました。本当に選手の皆さん,監督はお疲れ様でした!!

試合自体は先程も書いたようにガンバの試合でしたね。まぁ結果論なのですが、先発の時点では長谷川監督の勝ちかと。

第一戦で上手く機能した長沢選手をそのまま持ってきた長谷川監督。対してガンバに支配された第一戦にも関わらずそのままの布陣を選択した森保監督。

冷たいかも知れませんが、せめて寿人は先発から外して欲しかったですね。この試合でも守備のところでガンバの1トップと比べても明らかに差がありました。ボールホルダーが5m先にいても歩いてるからなぁ…。ガンバとしては余裕を持ってボールを回せるから余計に試合を支配されてたと思います。

ミキッチも藤春に完全に対応されてたから何もさせてもらえませんでした。やっぱり柏、清水の先発が良かったと思います。

ただし采配に関しては森保監督の勝ちでした。まぁ先発にして欲しかった浅野と柏という話なんですけど、どっちが良かったのかなぁ…。0-1から1-1にしたという点で正しかったという結果なんですけど、最初から浅野、柏であればあそこまでガンバにやられる事もなかったと思うんですけどね。

逆に長谷川監督は第一戦と同じようにあれだけ広島の守備陣を苦しめていた長沢選手を下げてパトリックを入れてきました。水本ならまだしも佐々木にはパトリック通用しませんからね。案の定、こちらとしては楽な展開になったと思います。

また後半のスタミナ切れはさすがにガンバの方。唯一の年間勝ち点トップのアドバンテージが活きたのが幸いでした。

なかなか思うようにいかないCSでしたが、我慢強さや執念が相手を上回りました。負けない強さというのが今の広島にはあります。もっともこのチャンピオンシップの是非についてはやはり「NO!」というのが私の思いですけどね。カップ戦は天皇杯やナビスコカップがあるわけですから、長いリーグ戦はトータルの勝ち点の順位でないとおかしいと思います。

一環して2ステージ制反対を唱えてきた浦和サポが一番被害者になったという皮肉。同情します…。

これでCWCも開催国枠で出場できます。
正直、嬉しいような嫌なような…。これで一回戦で負けでもしたら「だからJリーグはレベルが低い」というレッテルを貼られてしまいます。凄いプレッシャー。

でも選手にとっては南米王者、それにもしかするとバルセロナと戦えるチャンスもあるわけですから、素晴らしいご褒美だと思います。これこそ失うものなんかないプレゼントなので、思う存分戦って「紫に染めて欲しい」。

まぁとにかく今日はお疲れ様でした!&おめでとうございます!&ありがとう!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です