2nd 第17節 サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレ

うーん、強いな。

ここぞ!という時のサンフレッチェの強さが際立ってきてます。
絶好調の鹿島を破って3連勝で波に乗る湘南相手にほとんど何もさせずじまい。苦戦、引き分けも覚悟してましたが、フタを開けてみれば5-0の完勝。寿人のリーグ最多得点は単独トップにはならなかったものの、完璧な清水のクロスに寿人らしい受け方でゴールという役者ぶりも見せてくれて大満足。これで勢いを持ってCSに臨めます。

湘南は鳥栖のように引き分け狙いで引きこもる事もなく、自分達のスタイルで真っ向勝負してくれました。自信もあったのでしょう。

ただ、サンフレッチェがそれを上回っていた。


シンプルに書くとそんなゲームでした。
どれだけハイプレッシャーを受けても広島がミスをしなかった、それが全てかな。ミスをしなかったら相手に流れを渡す事もなく、逆に相手は無駄走りで体力を消費、そしてパス一本で相手の背後にミキッチ、清水を走らせてフィニッシュに持ち込むという鋭いカウンター。更にそれをゴールに結びつける決定力。これは湘南の心を折るには充分なものだったと思います。凄かった、その一言です。

そしてその広島の中心に居たのが青山。
そう、この試合で一番嬉しかったのは寿人の得点よりも青山のハイパフォーマンス。ガンバ戦も良かったですが、この最終節での青山は多分今季最高の出来映えだったと思います。バランスを取り、ボールを刈り取るカズも立役者の一人ですが、やはり青山がここまで好調になると攻撃に迫力が増します。CSもこの好調を維持して「重い」シャーレを掲げて欲しい。

ドウグラスも良かったですね。ハットトリック、高い決定力を見せ付けました。それでも雑パスは相変わらずで、相手に渡してしまう軽いパスを3~4度となく繰り返してました。あそこさえ改善できれば文句なしなんですけどね…。もしCSで勝って真の(?)王者となった場合、恐らく彼がリーグMVPを獲る思います。

私個人としては「林卓人」一択。彼のビッグセーブでモノにできた試合は数知れず。目立つのはどうしても攻撃陣なので大車輪の活躍をしたドウグラスが最有力候補になるのは仕方ないけど、今季のサンフレッチェをずっと見てきた者にとっては林にMVPをあげて欲しいと思います。

清水も好調を維持。天皇杯で問題なかった柏を抑えての先発。見事に森保監督の期待に応える活躍をするし、正直ビックリしてます。ミキッチ、柏、清水、山岸…。WBはいつの間にここまで層が厚くなったのかしら?というぐらい充実した戦力かな。

佐々木も良かったですね。危ないシーンでは必ず顔を出してるし、攻撃面でも積極的に前に出てます。さりげなく青山へのアシスト的なパスも出しました。奪える守備が出来ているという点で、やはり水本よりも佐々木というのが私の中の序列です。

さぁ、これで年間首位、2ndステージ優勝という勲章を携えてCSに臨めます。
「本来であればリーグ戦はウチがトップ」という言い訳も準備完了です!

いや、そんな言い訳など不要!!しっかりとCSで勝利を掴んで高々と王者と名乗りましょう!頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です