天皇杯 4回戦 徳島ヴォルティス vs サンフレッチェ広島

テレビに頼っている私としてはなかなか天皇杯が見れないのですが、昨日は録画放送ながらスカパーでやってたので見る事ができました。

前回と同じくまたやるんじゃないか?と思っていましたが、やっぱり全メンバー入れ替え!
中3日とはいえ、リーグ戦の最終節は先なので、もう少しレギュラーメンバーを入れてくるかと思ったのですがブレないですね、森保監督は。主力を休ませるために「単にメンバーを代えただけ」の前任者とは違う、選手を信頼して送り出す「勝つための明確な意図(と度胸)」を持った采配。だから「やり過ぎ」とは思わないし、試合内容もそれに伴う良いサッカーでした。

実際、試合内容は広島らしい、というより今の広島の上位互換と言えば良いのか、守備のメリハリが効いている、見ていて気持ちの良いサッカーだったと思います。

今のレギュラーメンバーだと奪われた瞬間、守備の切替は早いけど、基本的にカウンターを遅らせた上で守備陣形を整えて構えて待つのが多いのですが、サブメンバーは「奪う守備」と「構える守備」を状況に応じてしっかりと使い分けていました。

森保監督的には恐らくこういうサッカーがしたいのかな?
同レベルの相手だと「奪う守備」がハマらなかった時のリスクが高過ぎて出来ないのか。それとも単にメンバーの違いなのか。私としてはこのサブメンバーが示したサッカーの方が面白いですけどね。

まぁだからと言ってサブメンバーの方が良いじゃないか、というとそこはクオリティの差があるわけで、終盤のミスの連続からの失点シーンは「やっぱりサブだなぁ」というバタバタぶりだし、サブメンバーといえどレギュラークラスが浅野、野津田、山岸、柏、佐々木、丸谷と居るわけですから良いサッカーは出来るでしょう(特に山岸と柏はさすがに無双レベルでした)。

特にクオリティという点でいくとボランチコンビにはその差が顕著で、丸谷と茶島は不用意なパスミスとボールロストが多過ぎました。今の出来だと青山、カズには当分勝てないでしょう。

という事でフレッシュなメンバーでしたが、やっぱり凄いのは野津田と佐々木かな、と。もちろん私の好きな選手ですから色眼鏡が入っているのは承知してます。

野津田はとにかくボールを持ったら奪われない、コーナーキックがエグい、前線からの守備が相当効いている、視野が広い、シュートは折り紙つき。改めて「なんでファーストチョイスが柴崎なんかな?」と思いました。

佐々木も良かったですよね。足元は上手いし競り負けないし、ここぞという時のインターセプト。惚れ惚れします。

柏はなんの問題もなかったですね。いつもの柏。最終節、清水が絶好調ですが90分通してのパフォーマンスを考えるとやはり柏がレギュラー復活が望ましいかな…。山岸もキレが戻ってきました。フルタイムを走れないスタミナがまだまだですが、ようやく試合に馴染んできましたね。

浅野は前節で「状況判断が良くなった」と思ってましたが、うーん…。強引に無理なシュートとかドリブルをし過ぎだったかもしれません。終盤の失点シーンに直結するトラップミス→カウンター喰らう、は特にいただけません。まぁでも常に相手の脅威となり得たかな。存在感はバッチリでした。

皆川はなぁ…やっぱり私の中ではビョン・ジュンボンと並んで落第点です。どちらも得点決めてるんですけどね、とにかく試合を通してのパフォーマンスが悪すぎかな。体が大きいわりに相手に競り負けるし、足も遅いし、ハイボールも先に相手に触られるし、落下地点に上手く陣取るポジショニングが悪いんだろうな、と思います。FWは結果が全てだと言いますが、それ以外の貢献度を気にする私としてはやはり良いとは思えません。来季は武者修行でレンタル移籍して、試合に出る事が大事じゃないでしょうか。

その皆川と並んでのワースト、ビョン・ジュンボン。足元が不安定過ぎる…。これってサンフレッチェのDFにおいて致命的ではないかい?本職のディフェンスに関しては無難ではありましたが、不用意なファールもありましたし(疲れからか)終盤でのミスも多く、千葉ちゃんと比べてあまりにも差があり過ぎました。点を決めてくれた事ぐらいでしょうか、評価できるのは。

宮原は逆に攻守に顔を出してアピール成功だったと思います。ちょっとギャンブルみたいな守備もありましたが、結果がついてきてるので何とかセーフ。終盤、ボランチに入ってから相手に押し込められてしまいましたけど、あれは宮原というより全員のミスの連続による責任ですからね。

茶島、丸谷は攻撃面では良い出来だったと思います。積極性もあったし、色んなところで顔を出して攻撃の組立てをしてました。ただ、先程も書いたように簡単なパスミスとボールロストが多過ぎます。J1上位チーム相手にこれをやってると失点の嵐が吹き荒れるな。両人とも悪かったプレーと良かったプレーが極端にあったと思います。て考えると、レギュラーにはまだ程遠いかな。

交代枠でいくと塩谷は邪魔しに来ただけでした。ボールの奪われ方が悪く、彼のミスを契機に押し込まれた状態から丸谷、ビョン、浅野がそれぞれミスをして結局失点に繋がりました。

あの辺は、もちろんプレーした選手がダメだけど森保監督の采配も悪かったように思います。最終ラインに安定感を求めるならビョン→千葉で鉄板だったのでは?無駄な失点だったと思います。後はどうせハイボールを収められないんだから皆川→柴崎で浅野を1トップにしてカウンターを狙うべきだったと思います。結果を見ると、皆川とビョン・ジュンボンが得点を決めたから森保監督が間違っていない、という話なんですけど、もっと安定した戦いを求めるなら千葉、柴崎が選択肢じゃなかったのだろうか。

愚痴が少し多くなりましたが全体を通しては素晴らしい出来だったのは間違いありません。
しかもしっかりと結果を出すから森保監督は凄いよね。

次はFC東京が相手。リーグ戦で悔しい思いをしたから、必ずリベンジをしましょう(その前にCSで当たる可能性もあるけど)。

天皇杯は一旦お休み。後はリーグ最終節でしっかり勝って終えることが出来るように準備してもらいましょう。

絶好調の湘南を寿人の得点で沈める。最高のシチュエーションじゃないですか!
実現できるように、頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です