2nd 第10節 モンテディオ山形 vs サンフレッチェ広島

1-2からのPK。
2-2になるピンチが、2分後には1-3と突き放す広島。 大好き。

という事で今節のMOMは守護神「林」で間違いなしでしょう。PKを止める気配はプンプンしてましたが、本当に止めるとは!更にそのPKストップの流れからのCKを無難に凌ぐと、途中交代の浅野が最初のボールタッチで自身のスピードを活かす場所に落としてそのままDFを置き去りにして、GKの位置を確認しながら冷静にゴール。

さすがにあの流れはシビれました。思わず「ざまぁみろ!クソジャッジ!!」と叫んでしまいました。いけないですね、子供の前でクソなんて汚い言葉。「ざまぁみろ!うんちっちジャッジ!」と叫ぶべきでした。

その後も、それが気に入らないのか、ややホーム寄りの偏向ジャッジが目に付きましたが、山形に危ないシーンを作らせずに試合を終わらせる事に成功。今節を終えた時点で鹿島を抜いて2ndステージの首位、そして年間首位に立ちました。凄いです…広島。

試合そのものはPKストップ以外でも林が目に見えて大活躍していた通り、山形のアグレッシブな守備と攻撃に後手後手を踏んでました。前半だけを見ると完全に山形の時間だったのですが、それでも1-1で折り返したところが今の広島の強さなんでしょう。後半に入ると相手の運動量も落ち、千葉とカズへのプレッシャーが減ると広島のサッカーもできるようになり、いつの間にか試合の流れを持ってきてましたね。

それでも、先程のPKのように「は?」というようなジャッジでPKにされましたが、神様仏様林様のPKストップによって流れを引き寄せると、浅野が自身の武器を活かした追加点を決めて1-3と突き放し勝利を決定付けました。

最後はもう一度PKの再現よろしくPA内で倒れる山形でしたが、さすがに2度目はもらえず。というか、あの主審は山形にも「転んだらファール取ってもらえるで」と嘗められてたんでしょうね。それはともかく意味の分からない4分の追加タイムを消化して試合終了。

ホーム寄りのジャッジを別にしても山形に押し込められる時間が長く、非常に苦戦を強いられたのですが、下位相手にしっかりと勝ちきれたのは大きかったと思います。

まぁ苦しめられたぶん、選手個々を見ていくとあまり良くなかったです。特に青山は一回スタメンを外れた方が彼自身のためになるんじゃないか、というぐらい酷かったと思います。今節のワーストですね。今の状態だったら丸谷の方が期待が持てます。

水本も相当酷かったですが、後半に入ると少しマシになったと思います。が、それでも良くないと思いますけどね。

ミキッチはキレキレ。清水のスタメンは遠のいたかな…。
ドウグラスは雑パスが多いので不満はあるのですが、それ以上の決定力と、相手の「守れている」を食い破る突破力は確かに捨てがたい部分。そちらの魅力が上回っている間は外せませんね。

野津田、頑張ってたけど前半は山形の方が良かったので、なかなか攻撃面で良さを出せず。後半に入っても何度かパスミスを繰り返すうちにあっさり交代。柴崎が戻ってきたからもうちょっと危機感を持ってピリっとして欲しいのですが…。

柴崎は久し振りですね。試合勘が戻ってないから?絶好のシュートシーンで枠に飛びませんでたが、状態は良さげ。複数に囲まれても慌てずにボールを捌いてました。頼もしい選手が戻ってきました。もしかすると次節からはスタメン復帰するかもしれません。でも心情的にはもう少し野津田のスタメンを見ていたいんですよね。

柏はミキッチと比べると目立ちませんでしたが良かったと思います。浅野の間接的なアシストもありましたし、運動量に衰えなし。とにかく今の広島の両サイドバックはリーグ屈指の突破力と破壊力ですな。

寿人には次節、何としてもゴールして欲しいですね。

林は凄すぎ。何回PKストップする気かしら。足元に関しても昨季までは「ボールを繋ぐ広島」の呪縛に縛られて無理して馴染もうとしてる感じがありましたが、2015年は(選手間の特徴や呼吸が合ってきたのもあると思いますが)自然体でプレーしているので繋ぎにも余裕が見えて格段に上手くなったように見えます。いまや完全にGKのポジションはランクアップしてると思いますわ。

気になった選手はそれぐらいでしょうか。
あとは森保監督の名将ぶりが凄まじい、と私の中でストップ高。先週の天皇杯は見てないので何も書かなかったのですが、メンバー表を見てもインテリジェンスを感じるようなチームマネージメントだな、と思いました。このままあと7戦。しっかりと勝ちきって、最後のチャンピオンシップに進みましょう!頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です