第13節 サンフレッチェ広島 vs アルビレックス新潟

今節は今の順位を如実に顕した内容だったと思います。
失点シーン以外では完勝と言っても良い広島に対してミスや覇気の感じられない下位に沈む新潟。まぁ、あの柳下さんですから「つまらんサッカーに負けて残念でしたね!!」と申しておきましょう。

さて、最近調子が良い丸谷が初先発でしたが、うーーーーん…不合格、かな?
自分のところで奪われたら一気にピンチなるという緊張感からか、ビビリすぎてる感がありました。とにかく前を向くのを怖がってボールを受けてもすぐに戻すの繰り返しが目に付きました。

思い切りの良い飛び出しとか「お!」というプレーもあったのですが、どうでしょうね。それよりもレギュラー組とのパスのズレの方が目立ちました。まぁ青山が居ない対戦相手が調子を落としている新潟で助かった、という印象ですかね。もっと自分を出して食い込んで欲しかった。

丸谷は残念でしたが、それ以上に塩谷とカズの復調の方が私にとっては大きかったです。塩谷はゴールを決めたのもそうですが、それ以上に守備でタイトに相手に付けてるし、ドリブルでの持ち出しも正確さを増してました。これをキッカケにコンディションが上がっていけば心強い。

そしてカズ。初優勝の時のようなカズでした。何度もボールを刈り取ってはピンチをチャンスに代え、あまつさえ浅野へのアシストもこなすという無双ぶり。残念ながらカズのコンディションが上がってきた以上、丸谷は青山、カズコンビに割って入るのは難しくなってきたのではないかな。

あと柏は安定。柴崎、ドウグラスは2シャドーに慣れてきて存在感が出てきました。昨季までの高萩、柏のように柴崎も左サイドで柏と良い関係が築けてきてるのではないでしょうか。

寿人がちょっと不安。得点を決めて欲しいんですけど、この試合でもほとんどチャンスメイクに回ってました。試合の流れや動きから仕方ないとはいえ、もう少し最前線で「らしい」得点を決めて欲しいところです。

ところで森保監督、なぜ野津田ではなく工藤?
「どうしても得点を取りにいく必要がない」のと「水曜日のナビスコ」の為に温存したのかもしれないけど、若いから大丈夫!だと思う。むしろドンドン試合に出してあげてほしい。今の野津田はいつでもピッチに立つ価値が充分にある選手です。

浦和が磐石すぎて1stステージの優勝は無理かもしれませんが、年間優勝のためにも諦めずに上位キープしていきましょう。

頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です