第11節 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

浦和が引き分け、東京が負けたこの日。
勝てば暫定的にも首位に立てた広島は0-1の敗戦。何と言うかガッカリ。

色々言いたい事は後で書くとして、一番の敗因は得点がとれなかった事。柏を中心にしっかりと広島らしさを出してタフに戦ってましたがとにかく決定力というか、ボールを枠に飛ばす事がなかなか出来なかったな、という印象。シュートは打ってましたが枠に飛ばないと何も起こりません。ワンチャンスをモノにしたガンバの方が強かだったという事でしょう。チーム全体としてはガンバの前線からのプレスにも動じず、しっかり繋いでチャンスを作ったりもしたので決して悪い出来ではなかったと思います。

林は決定的な2失点目を許す事無く、大森の至近距離からのシュートをしっかりと止めてくれ最後まで広島の勝利に可能性を残してくれました。昨季がウソのような(足元も含めた)安定感があります。柏も相当奮闘していました。日本代表候補の丹羽をモノともせず完全に左サイドを制圧。

野津田はなかなかボールに関われませんでしたが、イーブンのボールをほぼ競り勝つという、完全にレベルアップした姿を見せてくれました。ガンバの守備に上手く対応されましたが、もう少し長く見ていたかった。交代するべきは柴崎だったと思います。その柴崎は、なんというか「惜しい人」なんですよね。タイトなところでのボールキープ、パス、シュート、走力。全て「あと一歩」なんですよ…ちょっと物足りない。浅野はスペースが無かったので仕方なし。

はっきり悪かったのは塩谷でしょうか。ボールロスト、パスミスが非常に目立ちました。やっぱり金髪にせねば。

はい、そんなところで今節のMOMを吟味したところ「扇谷主審」に決まりました。

岩下のあのプレーに関係ないところでの激しいド突き。「あ、これもうレッドカードや」と思ってましたが、何とお咎めなし!その岩下が直後のFKでアシストというね…。そのお膳立てがやられた清水という。広島側からすると遠藤の柏に対する悪質なプレーといい、どうにもやり切れない悔しさがあります。

その他にも失点となったファールですが、カズのボールへのアプローチも正当なスライディングだったでしょう。後半のウチに有利な笛もそうですが、選手が絡んで倒れたら即笛とかいうプレーの瞬間を見てないジャッジ。試合前に「扇谷」という名前を見た瞬間に嫌な予感がしましたが、本当にこんなに酷い内容になるとは…。

という事で岩下ね。
プレーに力が篭ってるし、体を張れるし、藤春と並んでガンバの中でも好きな選手の一人です。ウチの清水も顔に似合わず熱くやりあう事があるので、恐らくこの試合でも色々とやり合ってたんだと思います。

けれどアレはいかんわ。サッカー選手ならサッカーでやり返せよ。遠藤にしてもそうだけど「球際の激しさ」の意味を履違えないで欲しい。この件については広島としては絶対「ノーサイド」というわけにはいかないけど、嫌いになったわけじゃないから次で対戦した時もガツガツやりあいましょう、あくまでサッカーでね。

せっかく首位を狙うのに良いチャンスだったのですが悔しい敗戦となりました。
ただまだ諦めず、これ以上離されないよう一戦ずつ勝ちを積み重ねていきましょう。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です