第8節 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島

子供の相手をしているとなかなか自分の時間が持てず…。

さて、苦手にしている相手マリノスでしたが、「広島、強し」でした。

栗原や小林、(途中まで)中村俊輔が居なかった、斉藤が調子を落し気味という少し有利な状況でしたが、それでも完勝といっても差し支えの無い内容だったと思います。相手の監督が一年目というのも有利に働いたかもしれません。

しかし数節前までは「このサッカーと決別できるなら連敗も耐えられる」と書いてたのに、そこからの4連勝って…。正直、戦術的なものはほとんど変わっていないと思います。ドウグラス、浅野、野津田と前からプレッシャーを掛けられる人間が増えた甲斐もあって、多少「攻撃的な守備」は出来ていますが、相変わらずボールホルダーに自由に持たせて、ズルズルと自陣内に引いていく守備は変わりません。

でも、これだけ完勝に近い内容で4連勝もされたら心がピョンピョンするに決まってます!

ましてや今節はようやく寿人が得点を決めました。これが喜ばずにいれましょうか!ドウグラス、野津田、浅野と前目の選手が得点を決めていますが、やはり寿人が決めると別格の喜びがあります。あと今節は守備も頑張ってましたね。それも良かったです。

それ以外で気になったのはミキッチ。
キレはあるみたいですが、対策されてるので嫌なボールの取られ方やクロスを上げられずにカウンターを受けたりと散々な内容でした。それでもチャレンジするのは良いのですが、ほとんど失敗に終わるから周りが急いで守備に戻るという無駄な体力を使わせてしまう原因となっています。

特に浅野を入れた後、フレッシュな彼を使っていけば良いのにミキッチに預けるとそのままドリブルして奪われるというシーンを何度か見ました。森保監督はもっと早めにミキッチを下げるべきだったと思います。後は毎回の事ですが、水本と佐々木の序列を変えて欲しいぐらいでしょうか。

柏はキレキレ。青山は少しお疲れだったかな。カズはコンディションが戻ってきました!千葉ちゃんは絶好調。塩谷も少しお疲れ。でもたまに入る攻め上がりは攻撃にアクセントを加えてました。柴崎はもう少し目立ちたい、けど攻撃の流れを作るという点では良い働きをしていると思います。

という事で、完勝なだけに不満はほとんど無しに決まってます。
次節は仙台戦。今の力関係、というか流れからいくと謙遜抜きで広島有利だと思います。しっかりと勝ちきって首位を追走できる位置についておきたいところです。

頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です