第2節 松本山雅 vs サンフレッチェ広島

まずは2連勝できて良かったです。

試合の流れで90分間こちらのペースという事はなかなか無いのですが、それにしても最後の15分間は非常に宜しくないと思いました。特に寿人を下げた後半25分過ぎ辺りから相手にペースを渡してしまった感じ。

その最たる原因は明らかに運動量不足だったと思います。70分間、まるで練習のようにパスを回して相手が完全に引いている中でも強引にシュートチャンスまで持っていけるほどの個々の実力差があったわけですが、その余裕から抜け出せぬまま相手の交代策でのスイッチの入り方について行けず、ボールの出し所をしっかり抑える、プレッシャーに行く、球際で絶対に負けない気迫というのが抜けたまま、ただ耐えただけだったのかな、と。ここは監督との交代策に差があったんだと思います。

そうはいっても完全アウェイの中、臆することなく実力どおりの力を見せた選手達は良かったと思います。

MOMは林、と思うぐらい最後の猛攻にしっかりと冷静に対処、際どいボールもしっかりと反応してかきだしてくれました。チームを救うプレーだったと思います。ただ1失点目は中途半端な飛び出しプレーが絡んでいたのも事実。それでも最後の砦として1失点で終わらせたのは良かったです。

浅野は最後で慌てすぎ。もう少し力みが取れるとビシバシとシュートが決まりそう。仕掛ける姿勢は期待できるのでこれからもドンドン勝負して欲しい。最後だけ、本当に最後だけ慌てずに。そうすればいずれ皆が彼の事を「浅野拓磨神(あさのたくまのかみ)」と呼ぶでしょう。

浩司はやっぱり止まったボールが良かったですね。値千金の追加点。

柏、ミキッチ、青山、千葉ちゃん、塩谷。しっかりと実力を発揮。水本は並レベルだったですね。守備の仕事は果たしたけどビルドアップでは相変わらずほとんど仕事してませんでした。カズは先にボールを触ってるのにPKにされたのは不運でした。ビルドアップでのボールの持ち出しは良かったけど、守備、特に得意のインターセプトではほとんど見せ場を作れずでした。松本のオビナ選手にも競り負けてましたしね。

交代で入ったドウグラス。やっぱり動かず、て感じ。ファーストディフェンスをもっとしっかり頑張って欲しい。試合の流れかもしれませんが、彼の交代で流れを渡してしまった感じもあったので、あまりポジティブなイメージはありませんでした。まぁ味方とのパスも合わないのはまだ仕方なしかな。

カズとの交代で入った佐々木。前節は柏とでしたが、今節はカズ。森保監督も悩んでるのかな。私としてはカズの代わりに入ってあっさり4バックで行くのもありだと思います。罰ゲームじゃないんだから、今の変則3バックに固執する必要はないと思います。

あとは意味のない柴崎ね。うーん、何だろう。この「もったいないから全部交代枠使っちゃえ」感。流れが相手に行きかけた時にもっと積極的に動いて欲しかったです。

とにかく開幕2連勝。リーグ上位の常連とはまだ当たっていないのでこれからですが、少なくとも高萩の影響は少ないのではないでしょうか。浩司の好調、それになんと言ってもドリブラー浅野という新しい武器。野津田がいまだ加わっていないのが気になりますがそこは実力の世界。もっとフィジカルを鍛えて当たり負けない強さを身につけて欲しい。

次節はあのチーム。負け続けるのは勘弁。早く「ウチはACLでタフな日程。コンディションに違いがががががー」というコメントを聞きたいですね。

頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です