第18節 サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ

東アジアカップ終わりのリーグ再開初戦。

いきなりの首位攻防戦でしたが、元大宮の石原がハットトリックを達成しての勝利。見事に首位を死守したサンフレッチェは好調5連勝を達成しました!

代表組の青山と高萩は疲労がアリアリと見えてパスミス、判断の遅さ、シュートミスを繰り返していましたが、それでも要所は締めてました(日本代表を狙うという視点でいくと落第レベルのミスばっかりだけど)。

あの暑さと遠征の疲労では無理な要求かもしれないけど、こういう時にどれだけクオリティの高いプレーが出来るかが次に呼ばれるきっかけになると思うので踏ん張って欲しい。まぁそんな事は本人がしっかりと自覚してると思います。

少なくとも高萩は守備に頑張っていたように見えました。なんか意識の変化があったのかな?

千葉ちゃんは一戦しか出場してなかったので、その辺の疲労は少なかったように見えました。決定的な大ピンチを見事なスライディングで救ったり、相変わらず良い守備と攻撃をしてくれてました。西川も強烈なシュートを片手1本で防いでくれたり、日本代表では見せる事が出来なかった素晴らしいロングフィードを通したりと守護神として大活躍してくれたと思います。

試合はどちらかというと大宮が押し込む展開となりました。
広島は試合開始直後こそ良いリズムの攻撃から先制点を奪いましたが、それ以降は自分達でパスミスを連発して相手に流れを渡してしまいました。

それでも守備陣を中心にしっかりと踏ん張り、前半は1-0で折り返します。
後半、更に攻勢を強める大宮は渡邉選手が上手く相手をかわしボールを持ち込むと、そのまま綺麗なシュートを決めます。

振り出しに戻されたサンフレッチェ、追加点を奪いに来る相手に耐える時間が続きます。相手の決定的なシュートはバーに弾かれたりとギリギリのところで粘ると後半36分、ゴール前のフリーキックから石原が頭で合わせて貴重な2点目を奪います。ロスタイムにも高萩の早く低いクロスにドンピシャで合わせた石原がダメ押しとなる3点目を決めて勝負あり。

押し込まれながらもカウンターや遅攻を使い分けたサンフレッチェの強かさが光った試合でした。

個々の選手を見ていくと、呼ばれるなら青山よりも森崎和幸でしょ?と思うぐらい、やっぱりカズは良い。ここぞという時の攻め上がり、相手の攻めを遅らせる守備、とにかくインテリジェンスだな、と。あと5歳若ければ…。

山岸は試合開始で1アシストしましたが、それ以外はどうなんかしら?何回も書くけどやっぱり私は清水推しです。その清水は自陣のPA内で油断して相手に抜かれてしまう失態を犯してしまいましたが、他のプレーは良かったと思いますよ。

反対サイドのミキッチは相変わらずキレキレ。交代のファン・ソッコはダメでしたね。試合に入りきれなかったというか準備が出来てないというか、凡ミスを繰り返してました。

佐藤寿人は完全に存在感を消されていました。もっと早く交代しても良かったかな、と思います。

その交代で入ったのが岡本。これはこれで面白かったです。決定的なシュートがありましたし、前線から守備を頑張れるし、キープも出来ます。次はもう少し長い時間見てみたいですね。

さて、今節も勝って首位をガッチリキープしたサンフレッチェ。
夏場にこれだけ粘り強く戦えるのは頼もしい限りです。次節はホーム開幕戦で敗れた浦和レッズ。

首位をキープする以上に叩いておきたい相手。
連戦で疲労もあり、体が重いかもしれませんが、今節のような粘り強い戦いで勝利を目指しましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です