CWC サンフレッチェ広島 vs 蔚山現代

旬を逃してしまいましたが、クラブワールドカップの最終戦について。

5位決定戦、いわゆる因縁の日韓戦となってしまい、ここで負けていたらまた色々言われるんだろうな、と思っていましたが、結果は見事な逆転勝利。フィジカルを全面に押し出してくるサッカーにも充分戦える事を証明した実りある勝利となりました。

メンバーを4人入れ替えて臨んでいましたが、これはナイスな判断だったと思います。来季を見据えて少しでも色んな選手にアジアを肌で感じてもらうという意味でも良かったと思います。

序盤は韓国らしい攻めに劣勢に立たされ、水本と西川の連係ミスによりオウンゴール。今大会、水本はなんか「あれ?」て感じが多かったですね。

徐々に慣れてくると広島の得意な形に持ち込んでいきます。Jリーグと違ってこういう時、相手も追加点を狙って前に出てくるからやり易いですよね。引いて守られてカウンターという流れが一番キツイんですけど、そうじゃないから失点のリスクはあるものの、攻めやすい。

値千金の同点弾は山岸。森崎浩司のフリーキックはGKとDFの間、ここしかないという場所にピンポイントで上がって来ると、飛び出した佐藤寿人が完璧なヘディング。が、キーパーの正面。弾いたところを詰めた山岸が押し込みゲームを振り出しに戻します。今回の浩司は良い浩司。このフリーキックの精度もそうだし、攻めに入った時に上手く繋ぎ役としてボールを捌いていました。これぐらい出来れば文句ないんですけどね。でも石原がゴニョゴニョ…。

逆転弾は後半に入ってから。山岸のアーリークロスに寿人がちょこんとボールに触るとDFの股をすり抜けてゴール。本当に寿人は触ったのかしら?という疑問を抱きつつも逆転した事が大事。寿人はアルアハリ戦で悉くチャンスを逃し続けましたが、ようやく本来の仕事が出来ました。来季もこの調子で頑張ってもらいたいですね。あと後釜として大崎にも期待。今季は掴みかけたレギュラーがすり抜けましたが、来季はACLもあり出番は増すはず。しっかりと実戦で経験を積み、清水なみに成長して欲しいです。

試合は更にサンフレッチェが加点して蔚山を突き放します。高萩の針に糸を通すようなパスでフリーの寿人にボールが渡るとそれを冷静に決めて3-1。高萩も今季は大きく飛躍したと思います。アジア王者相手にも堂々としたプレー。相手を混乱に陥れるパスは正確さを増して存在感が大きくなりました。ただしボールになかなか絡めない時、触れない時は「何かしよう」とし過ぎて無理なワンタッチプレーが多くなってくるのが今後の課題でしょうか。

後半ロスタイム、相手のフリーキックから失点してしまい2-3と詰め寄られましたが、そこで試合は終了。アジア王者相手にキッチリと勝ち切って大会を勝利で締めくくりました。

アルアハリ戦が非常に悔しい、惜しい、残念な結果となりましたが、大会を通じてサンフレッチェの戦いができたのは収穫です。天皇杯でアマチュア相手に敗退した為(皮肉)、今季の全日程は終了しました。それでも2012年はサンフレッチェや、長年応援し続けたサポーターにとって本当に素晴らしい、充実した年だったと思います。

私自身、サンフレッチェを好きになって本当に良かったと思いました。

来季、JリーグチャンピオンとしてリーグやACLを戦っていきます。日程が厳しくなりますが、更なる飛躍を願わずにはいられません。戦い方もマイナーチェンジをしていく必要があります。広島対策に対する対策とか、先に失点をした場合の守備の仕方とか、穴はまだまだあります。

まぁそんな来季の構想とかメンバーとかを夢想しながら、気持良いオフシーズンを楽しみたいと思います。お疲れ様でした!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です