第31節 サンフレッチェ広島 vs コンサドーレ札幌

一戦必勝。
まさに言葉通りというか、残り4試合で「必勝」が最大目標である中、その1戦目を見事に完勝で勝利を飾ったサンフレッチェ。最高に良かったです。

「やらかす」要因が非常に大きかった今節。
伝統的に下位チームに弱いイメージ。降格が決まり吹っ切れた札幌。周囲の「ここは勝たなくちゃいけないだろ」というプレッシャー。浦和や仙台の「負けろ」という念。何よりその浦和と仙台が破れた相手。

選手の質、チーム力では上ではあるものの、点が入らずにジリジリと時間が過ぎればカウンター一発でやられる可能性がありました。

現に試合では札幌の選手が積極的に走り回り、チーム力を運動量によってカバーしようとしてました。

が、「やらかす」どころか危険なシーンはほぼ皆無。実際には「何か起こる」気配すら感じさせない完勝を見せてくれました。まさに勝つべくして勝てた試合。

その要因の一つは森脇と森崎浩司の積極性。まず攻撃で勢いを握る、というこれまでの数戦とは違ったアグレッシブさが広島に勢いをもたらしてくれました。1点目の浩司から寿人へのパスはその積極性が生んだものです。寿人の見事なターンに思わず倒してPK。止められそうでヒヤっとしましたが、それをキッチリと決めて楽になりました。

圧巻は青山のパス。そして寿人のシュート。青山の縦に入れたボールは寿人の打ちたい場所でスーッと止まるような芸術的なパスでした。そして完璧なシュート体制に一瞬で持っていく寿人とゴールに突き刺さる綺麗な弾道のシュート。もうねぇ、ため息が出ました。額に入れて飾っておきたい。「ふつくしい」の一言。

後半20分には石原を入れて更に前線のタメが出来ると、完全に広島のペース。このタイミングでの石原の投入は相手にとって鬼ですな。「このパターンは相手が相当嫌がるな」初めてそう思いました。

最後はコーナーキックから水本がビシッとヘディングシュートを決めて3-0と勝負を決めました。

そんなわけで言うことが無いぐらい完璧な内容だったと思います。浩司も気持ちをしっかり切り替えたのか、積極的に見えましたし目立っていたと思います。青山に代わってボランチに降りた時、カズが好きすぎて、暇さえあればカズにパスを出しているのさえ控えれば完璧だったのにね。

「やっぱり浩司先発で良いじゃん」て話なのですが、そこはもう好みの問題です。競り合いに強く、寿人と同じようにコンディションの波も少なく、一人でボールを持ち出せるし、運動量が豊富でフリーランニングを厭わず、パスも出せる石原が大好きなんです。確かに後半、相手がバテた辺りでの石原は脅威だと思いますが、20分ぐらいしか彼を使わないのは本当にもったいない。リーグ前半戦の1トップ2シャドーの良いイメージもあります。

という事で、敢えて言いますが石原を先発で使って欲しい

さて、試合も残り3試合。
次は浦和ですか。ここを勝てればグンと優勝に近づきます。プレッシャーも半端ないと思いますが、本来の実力さえ出し切れば勝てない相手ではないはず。ここまで来れば期待以外なし!「一戦必勝!」


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です