W杯最終予選 日本代表 vs ヨルダン代表

日本、強えぇぇぇぇーーー!

オマーン戦の時も相手に何もせず圧倒し、最高のスタートを切った日本ですがこの試合でも絶好調。格の違いをまざまざと見せつけました。

なんとなくヨルダンには苦戦するというイメージがありましたが、試合は全体を通じて日本のターン。シュートはオマーン戦の時よりも若干打たれましたが、ヒヤっとしたシーンは皆無。圧倒的点差が付いても諦めずに走るヨルダンには敬意を表しますが、チームとしての完成度、選手個々の質で完全に凌駕してました。

嬉しいのは格下を相手にちゃんと格上の試合が出来た事。今までの日本代表は格下相手にもガチンコの勝負となると苦戦するという不文律がありましたが、ザッケローニ監督になってから「強い試合」を出来るようになりました。

そして試合をこなす事によって連携がピッタリと合ってきたのもチームの上向きを示してます。ヨーロッパでもレギュラーを獲れる選手同士、息が合ってくれば手がつけれなくなるのは必然。

チームとしてのまとまりも良かったです。行くところはしっかり行き、DFのフォローは忘れず、両サイドを広く使って的を絞らせず、陣形をコンパクトに保って常に一定のパスコースを空けておく。本当に強いな、と思わせる試合運び。いや、今日はもうベタ褒めで良いでしょう。

心配なのは吉田。せっかく不動のレギュラーを掴んだのに残念でした。早く治してまた代表に復帰して欲しいですね。ただ代わりとなる栗原も頼もしい存在。以前はなんとなく頼りない(足も遅いし)と思ってましたが、我らがサンフレッチェをボコってくれたマリノス戦での存在感は状態の良さを表してるものだと思います。見事吉田の代わりを果たしてもらいたいですね。

という事で、浮かれ気分が全く抜けませんが、次はオーストラリア戦。これまでの2試合とは全く違った厳しい戦いになると思いますが、ここまでの戦いぶりを観る限り慢心さえしなければ勝てると思います。しっかりと3連勝をもぎ取って最終予選を有利に戦いませう!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です