ナビ杯 サンフレッチェ広島 vs ベガルタ仙台

お金無し男くんの私はなかなか試合を観に行けない&ナビスコ杯はフジだしねー、と思ってましたが、スカパーから1ヶ月無料のお試しが来てたのでフジONE,TWO,NEXTを申し込んでラッキーにも観れました。

かなりメンバーが入れ替わったサンフレッチェ。とにかくパスミスが酷かったですな。それは仙台も同じで、前半を観る限りとてもリーグ戦の首位と2位の試合じゃなかった。最下位同士と言っても良いぐらい凡ミスの連続で引き締まらなかったです。

試合は仙台の鮮やかな逆転勝ちで、同点、逆転してからの仙台は隙が全くなく「なるほど、首位だな」と思わせる試合運びでした。対する広島は最後まで凡ミスが続き、自分達の時間が作れたのはほんの僅か。これだけ佐藤寿人が目立たない試合も珍しいな、と。

これにてサンフレッチェ広島のナビスコカップは予選敗退。少なくともこの一戦を観る限り、レギュラー組とサブ組の実力差が顕著過ぎて「そりゃメンバー落としたら勝てないな=層が薄いな」と感じられた試合でした。

という事で、新鮮な戦力を久し振りに観れたわけですが前述の通り、レギュラーの座を奪える程の力を見せたのは皆無。というか、それだけの気迫を見せてくれたのは居ませんでした。それでも清水は少しでも「やってやろう」という気概を見せて積極的なドリブルを仕掛けたりもしていました、点にも繋がったしね。それでもまだまだ山岸に勝てそうにありません。

それから初めて観た鮫島。結構良いんじゃないでしょうか。あそこの位置は激戦区だけになかなかレギュラーを奪うのは難しいですが、視野の広さや正確なパスは光るものがありました。もう少し力強さが備われば途中出場とかで少しずつでもチャンスが広がりそうです。頑張ってもらいたいと思わせるプレーでした。

石川は徐々に私の中で終わってきてる選手。左の清水と比べても積極性がない上、クロスを上げきるところまで出来ません(まぁそれは清水も同じでしたが)。怖がってバックパスも多用してるし、本気でレギュラー獲りにいってるのかしら?

あとは横竹(笑)ですかね。彼は一昨年あたりで既に諦めてる選手でしたが、相変わらずのクオリティでしたな=全然成長してない。競り合いに負け、パスは呼び込まず平気で歩き、足は遅く、消極的なプレーに終始。森脇の代役が横竹(笑)というのが層の薄さを物語ってます。早くソッコに戻って欲しい。

キーパーの増田、3失点はほろ苦いデビューでした。U23代表候補だけあって、なかなか安定したプレーでしたが、やはり西川の方が第一選択だと思います。多分だけど西川だったら3失点うち一つは止めてたと思う、積極的な飛び出しとかで。いや本当分かんないけど、今までの西川に対する信頼度がそう思わせるんだと思います。

振り返ってみると鮫島、清水、増田には将来のレギュラー候補としてもう一皮むければ、という期待が持てる試合でした。反対に石川はちょっとヤバイかな、と。今までもそうでしたが、途中出場で出ても積極性もスピードも感じられません。横竹(笑)はね、まぁいつも通りの平常運転です。

なかなか新戦力が出てこず「若手、どうした!?」と言われて久しいですが、ナルホド。これなら森保監督もなかなか使えない気持ちも分かります。それでも清水、鮫島は試合に慣れて落ち着いてくると良くなってきそうです。それだけでも収穫だと思いたい。あとはメンバーが代わったとはいえ3失点。しっかりと試合を見直して修正しないとどんどん崩れそうです。ここは森保監督の正念場だと思うので、次回きっちりと対策して試合に臨んでください。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です