第8節 ガイナーレ鳥取 vs ヴァンフォーレ甲府

今節はサンフレッチェが負けたのでガイナーレは勝つんじゃないかと確信めいて観てましたが、残念ながら引き分け。甲府相手にまぁ勝てないまでも引き分けたので善戦と言えるのではないでしょうか?

で、ガイナーレを観ていて適切な表現がないかな?と思っていたのですが、思い出しました。ジーコ監督時代の日本代表で中田が言っていた言葉。

「プレスがプレスじゃない」

まさしくそうなんですよね。最初にプレスを掛ける人がパスコースを限定させて、それに連動して味方がパスの受け手を抑えに行ってあわよくば奪う、ダメでも相手を慌てさせてパスの精度を下げて次で奪うとか、アバウトに蹴らせてセカンドボールを狙う、といった方法だと思うんですよ、プレスって。

ところがガイナーレは個人で勝手に動いている感じに見えるから「無駄走り」が多い&全然奪えないんだと思います。良いお手本が相手の甲府じゃないかしら?ボールを奪われた瞬間に取り返しに行き、パスの出し所には2~3人で囲みに行き、直ぐに奪って高い位置から波状攻撃。さすが城福さん、良いチーム作ってますね、と感心。

あと珍しくボールを奪えても慌てすぎ。特に森は酷いですね。せっかく苦労してボールを奪えても始めのパスでパスミスですから味方としてもあれはガックリくる。正直前半30分くらい、もしくは後半の頭には替えても良いレベルだったでしょう。

監督さんが試合中「繋げ」と言ってたらしいですが、普段からそういう練習してるのかしら?と思うぐらい繋げませんでしたね。昨季はもっと繋げてましたから決して出来ない事じゃないと思うんですけど…。

それからちょっと相手について。甲府は伝統的にラフなチームなのかしら?
サンフレッチェとやった時に水本がダニ何とかいう輩に頭蓋骨骨折させられるし、今節でもジャッジに納得いかないからと、どんどんラフプレーに走ってました。特に退場した6番はエラく審判に不満を持ってたみたいだけど全然普通のジャッジでしょう。むしろ納得いかないからと自分達でラフプレーに走ってイエロー貰って、また怒り出すとか何だそりゃ、て感じです。確かにイエロー乱発されましたけど出さないと止まらないから出しただけでしょう。荒れそうだった試合を何とかまとめた佐藤主審、さすがだと思います。

ただチームとしてはさすがに良いチーム。パスもしっかりしてるし、攻守の切り替えも早い。最後のアイデアのところがあと一歩でしたが、今季のこれまでの対戦相手としたら間違いなく昇格候補ですね。というか、城福さんにはJ1に行ってもらいたいし。(んでFC東京と対戦してもらいたい)

翻ってなかなか光の見えないガイナーレ。
「まるで成長してない」試合を繰り返してますが、そろそろ方向転換が必要だと思いますよ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です