第7節 ガイナーレ鳥取 vs ギラヴァンツ北九州

毎回判で押したような負け方しますな、しかし。

まぁ今節に限っていえばそれなりに後半も体力持ったし、集中力も切らさなかったけど点を入れられると「あぁ終わった…」という絶望感が拭えないのは悲しい限り。

前節も含め、前半はそれなりに戦えるし良い時間帯も確かにあるのですが、その時間帯でも点が入る気がしないんですよね、残念ながら。というのも、奪ってから単純にロングボールを蹴りだしたり、周囲のサポートが無いから無理やりドリブって奪われたりして、相手のペナルティエリアまで「ラッキー」以外で持ち運べる術が見当たらない感じ。

高い位置で奪って素早いショートカウンターが理想なんだろうけど、相手を追い回すのに精一杯で、奪った後のノープランが目立ちます。いや、ちゃんとしたプランがあるのかもしらないけどボールを奪うまでに体力と神経をすり減らしてしまって攻めまで頭と体力が回らないんじゃなかろうか…?

まぁ今のガイナーレを観る限り、選手個々を述べる以前にチームとして悪い状態なんだと思います。というか、むしろ選手が可哀相になってきてます。散々柳楽がダメと悪口も書きましたが、彼もこのチームの犠牲者のような気がしてます。

思うに京都に良い勝ち方したが故、ズルズルとこのまま来ちゃってる気がしないでもありません。ここまでの試合で全てボロボロだったら、もしかしたら戦術変更もあったかもしれないけど、あの京都戦で上手く行き過ぎたのがイメージで残っちゃってるのかなぁ。

監督が変わるとか、もう少し効率の良さそうな守備の戦術変更をしていかない限りこのまま負け続ける可能性は高いでしょうね。特に夏場に入ると怖いですね…。(だからなぜ松田監督とry)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です