第4節 サンフレッチェ広島 vs FC東京

リーグ戦3連勝と勢いに乗っているFC東京戦。
相手にボールを保持される時間が長く、本来のサッカーとは違えども落ち着いた守備で決定的な場面をほとんど作らせず、奪ってからのカウンターでエースがしっかりと決めて1点差を守り切り勝利。貴重な勝ち点3をアウェイで取る事ができました。

試合自体は正直「ミキッチ頼り」のサッカーになってしまった事は否めません。一人で切り込み、どんな体制からでもクロスを上げ、ボールを奪われたら守備に戻る右サイド。本当に凄いです。その分、左サイドの山岸がね…て感じですが、解説の言うようにバランスなのかもしれません。

そして我らがエース佐藤寿人。点を決めた時の飛び出しは芸術品。敵も味方も置き去りにしてミキッチのクロスにピッタリと合わせてワンタッチゴール。痺れました。

大崎の方はビッグチャンスを見事に外してくれました。うーん、もうちょっと決定力が上がってくれば頼もしいんですけど…。ただ攻守にわたり存在感はあったので良かったと思います。高萩は一昨年のようなダメ高萩に戻ってきてる気がします。プレーが淡白。もうちょっとガツガツやって欲しい。

チームの戦術としてはこれまでの3戦と違い、昨年に逆戻りしたようなベタ引きからのカウンターでした。東京の戦いを分析した上か、アウェイを考慮しての事か分かりませんが、ほぼ90分を通してやり続けたのを見る限り「相手にボールを持たせてる」感覚で進める事が出来ていたのかな?と思います。

そういう意味では危ないシーンをほとんど作らせなかった守備の固さが観れたのは良かったのかもしれませんが、なんとなくスッキリとはしないであったのも事実です。

まぁそうは言っても、とにもかくにもアウェイ、それも3連勝の相手に対して勝ち点3を持って帰れるのは大きいです。今年のサンフレッチェは本当に何かやってくれそう。

次はホームに戻って苦手「川崎」を相手にナビスコカップ。今年は勝ちましょう!というか勝てる!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です