第3節 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

うーん、何という快勝。今季の広島は想像以上にワクワクさせてくれます。

リーグ無失点の最下位とはいえ「あの鹿島」である。
その鹿島相手に真っ向から対峙し、試合をコントロール。退場者が出た後は完全に主導権を握り、全く危なげなく勝利を収めました。

何よりも守備が凄く良くなりましたね。自陣にドン引きしてスペースを埋めて耐える、という昨年までの守備から、前の選手が取りに出た時に連動して周囲が包囲網を作って網にかけていく、取れそうな時は相当前からでも積極的に奪いに行く、という組織としての守備に変わり抜群の安定感とストレスの無い試合ができるようになってきました。

選手では、まず何と言っても大崎。本当におめでとう!試合を通して良い守備、良い攻撃が出来ていたし、何よりも完璧なゴールを決めてくれました。これでホッとするだろうし、益々自信を持ってやれるようになるでしょう。
それから佐藤寿人。点を決めた事はもちろん、今季は本当に守備に走る姿が目につきます。あれで後ろの選手もパスコースを限定できるし、高い位置でボールを奪う事に成功している一因でもあると思います。

前節の敗因はストライカー2人が決定機を決められなかったから、と書きましたが逆に今節はその2人がしっかりと決めてくれました。何というか、嬉しいですね~。また、昨季までの李と寿人のちぐはぐな感じ、ムジリの全く周囲と合わない連携からガッチリかみ合っているというのも嬉しいところ。

それから青山は調子が良いです。本来のパフォーマンスが戻ってきたな、と。あと時間がありませんでしたがファン・ソッコ。体も強くてパスも上手いですね。野津田と二人で作った決定機は興奮しました。これからが楽しみ。

対する鹿島ですが、新井場選手の退場は広島側から見ても厳し過ぎる判定だと思いました。スローで見たら先にボールに触ってるし、どんなに悪くてもイエロー、審判によってはノーファールでもおかしくなかったシーンでしたね…。ただ退場者が出なくても勝てたかどうかは分かりません。それぐらい広島の出来が良かったと自画自賛してみる。でも大迫、ジュニーニョ両選手は一人で局面を打開できるのでやっぱり脅威。U23だと心強いのに、敵になると嫌な選手ですな。

さて、これで広島は2勝1敗。どの試合でも自分達の時間を作れているのは頼もしい限り。
次節はFC東京。これまであんまり負けているイメージは無いですが、以前とは比べ物にならないぐらい難敵になってしまったような気がします。この相手に対しても自分達のリズムでサッカーができると今季は本当に期待できると思います。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です