第29節 ガイナーレ鳥取 vs 東京ヴェルディ

久し振りのホームの勝利を目指して戦ったガイナーレですが、今節も攻撃陣が得点できず敗戦。
うーん、どうやったら勝てるのか…。というより、どうしたら得点が取れるのか。

相変わらずつまらないミスも目立ちますが、試合の内容自体はお互いの時間があるんです。けどその自分達が攻めてる時間に得点できない…。反対に相手の時間帯にあっさりと得点されてしまうのでなかなか勝てるわけがありません。

最近めっきりと上がる時間が減った奥山、いつも1アクション足りない小井手、捜索願いを出したい行方不明な住田、大事なところでミスを頻発する服部、持ち時間が長過ぎて攻めのリズムを狂わせてしまうハメド。
うーん、悪いところしか見えない。でもそんな中でも金善珉のコンディションが上がってきたのは唯一の救い。あといつも批判している小針ですが今日は判断が良かったですね。

今は攻めても迷いながらやってる感じ&全くリズムが同じなんで如何ともしがたいな、と。攻めのシーンを思い返しても頭に霞がかってる感じで印象が無いです。

とにかくまずは点を取る事。その為に多少のリスクを負っても良いじゃないですか。どうせジリ貧なのですから、やるならとことんやれ!と思います。だってチャレンジャーなんでしょ?

まずは良い攻め。ここをもう一度見直してトライして欲しいですねー。
残り試合、1試合でも良い試合を期待します!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です