第27節 ガイナーレ鳥取 vs ファジアーノ岡山

前節の酷い内容からどこまで持ち直してきたのか、不安と期待が入り混じる岡山戦でしたが、今節はメンバーとシステムを入れ替えたお陰か、得点こそ1-1と引き分けましたが非常に引き締まった良い戦いをしてくれました。

ワントップをやめて、代わりにボランチの位置に三浦を配置。これが活きたのか、相手に良い形で持たれるシーンが少なくなり、逆にパスの選択肢が増えていつものガイナーレらしい戦いを展開。

新鮮な驚きは尾崎。サイドバックでしたが、行ける時は堂々とドリブルで持ち込みチャンスを演出。喜多に代わって入ったセンターバックの加藤も相変わらず良い動きで安定感のある守備。

そして守備よりも目立つ攻撃陣。特に三浦、服部のところで落ち着くし、実信や奥山が自由に動き回るので相手もなかなか捉えにくかった感じでした。正直、悪い所を探すのが困難なぐらい良い戦いをしてくれたと思いますが、唯一気になるのがハメド。最近はちょっと持ち過ぎてますね。あれが逆にリズムを悪くしてますし、囲まれて取られ過ぎです。
相手もハメドが持った時に一人ではなく2~3人で囲んでいく守備をしていくのでそこを理解するべきでしょう。もうちょっと周囲を活かせると相手も寄せ難くなるから更に自分が楽になれるんですけどねぇ…。

交代で入った金善珉。見事に得点も決めてくれたし、前線を活性化してくれました。最近、小井手があまり良くないので次は金善珉を先発で使っても面白いと思います。ダブルボランチは三浦、服部の固定で。

今節は先発の変更とシステムをいじった関係ですこぶる良い試合をする事ができました。この調子を何としても維持して次節に繋げて欲しいと思います。

あと久し振りにストヤノフ観ました。武器であるロングボールは多少精度を欠いてましたが、得点を取りに出るタイミングとか体の張り方はさすがでした。ケガ無く頑張ってもらいたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です