第18節 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

前回の対戦で圧勝をした分、今回は圧敗されるというご存知サンフレッチェ仕様の展開を想像し、ある種の諦観にも似た思いでいましたが、広島の天敵ともいうべき明神、橋本両選手がいないという事でわずかな希望を抱いたところ、デフォルトのようにやっぱりフルボッコされた件。

ガンバは広島に保持される時間が長かったので、ガンバらしさ(=中盤でのパスサッカー)という点ではそれ程でもなかったのですが、代わりにシンプルで効率の良い攻めを展開して確実に加点をしていきました。ガクブルの決定力というやつですか。というか広島の守備が杜撰すぎるのか…。

対する広島ですが、どうもこねくり回し過ぎてるというか、なかなかシュートまで持っていけません。それでも決定的なチャンスを何度か迎えたのですが、どれも決めきれず3点止まり。というか3点も入れてるのに5点入れられてるという馬鹿試合。

まぁこういう試合も嫌いじゃないからガンバ戦は面白いです。

選手ですが、中島、森崎和幸、浩司のロングボールが正確さを取り戻してきました。これが広島にとっては大きく、やりたい事もある程度出来ていました。が、今度はフィニッシュの部分で問題が出てきてるのかな、と。

という事で、佐藤寿人と李ですが、2人のコンビネーションが鳴りを潜めました。がっつりマークに遭ってるからかな?特に李は試合のほとんどの時間、ゾンビのように彷徨ってました。前節シュートを決めて動きが良くなったので大丈夫かな?と思ったのですが、まだ時間が掛かりそう。
対する寿人の方は動き自体は不調とは思えません。あの小っちゃい体でしっかりと前線でボールを保持できるし、失わずに味方に繋げていけてます。チームとしての寿人は問題ないのですが、ストライカーとしては不調なのかも。今節は決定的なチャンスが2度ありました。いずれも決めて然るべきだったと思いますがダメでした。ここは猛省してもらいたいです。

ミキッチと比べたら可哀相なのですが、山岸の迫力不足は否めません。せめてロングボールを上手くトラップしてドリブルに持っていける技術があれば良いのですが…。

服部は守備はアレですが、攻撃ではわりと目立ってましたね。クロスの精度とかはやはり良いです。ただ守備の時が…。

横竹は考えてみたら2年ぐらい見てますが、全然成長してる感じがしません。彼の限界かな。ちょっと見切りつけてます。というか、何で先発だったのかしら?盛田は?

ムジリ、相変わらずボールを持ちすぎて捌けてません。敵を引き付けるのは良いですが、そこからのパスが良くないから私の中ではやはり低評価。怖いのは最後に点を決めてしまったから、監督が「やっぱり彼は得点源ダヨー!」とばかりに先発に復帰してしまわないかという事。

高萩はわりと良かったと思います。でももうちょっと出来るはず。頑張ってムジリから先発を奪って!

あと石川は空気でした。リーグ戦初出場の時のようにもっとガムシャラにやって欲しいです。

正直、2試合少ないはずのガンバの方が上の順位なので、リーグを獲れる気が全然しないのですが、一つずつ勝利を目指していきましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です