クイッククエンチとコーヒーガム

懐かしさも手伝ってか復刻版のロッテ板ガム「クイッククエンチ」と「コーヒーガム」を買いました。

なるほど、今時のガムと比べて恐ろしく不味いという事を再認識しました。
端的に言うと「コーヒーガム、コーヒーじゃねぇし」。

「懐かしい味」以外の評価が出来かねる上、すぐにゴムのように固くなり味も消えます。

もっとも最近のゆとりガムは柔らか過ぎるから、顎を鍛える意味でもこれぐらいの固さは丁度良いかもしれません。

という事で、ガムの世界も日々進歩しているんだな…と人類の歩みに思いを馳せる日々でした。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です