アジアカップ 日本 vs シリア

勝ちましたね、何とか。

というか、最後の審判のグダグダっぷりは何ですか…。
完全なるオフサイドの見逃し(というか「日本のパスと思った」って何だそりゃ)、帳尻合わせのPKプレゼント。

途中までは良い意味で目立たないジャッジをしていると思ったのですが残念でしたね。

さて、試合の方ですが日本は初戦に比べかなり立て直してきました。というより本田が初戦より断然チームプレイに徹していたように見えました。彼はかなり頭良いのかな?チームの勝利の為に自分がすべき事を理解してやり方を変えている様に見えます。ただのワガママじゃないな。素直に拍手。

そして遠藤。
彼もまた初戦と全然違ってました。ワンタッチが多く、縦への勝負パスもバンバン通してました。他の選手と違ってパスを受ける時に既に次のプレーをイメージしてるんでしょうね。受けて出してのスピードが日本の中でもズバ抜けてました。この調子であれば今後も出さざるを得ないでしょう、柏木には悪いけど。

逆に香川と松井はどうも乗り切れていないですね。
松井は初戦よりも良い動きでしたが、それでも彼がボールを持つと攻めが停滞してしまう気が…。

本田と違い、香川はまだ戸惑いが感じられますね。
自分のペースでドリブルを仕掛けられないのかな?少なくとも相手の脅威とはなりませんでした。

どうやら2戦目を観る限り、ザッケローニ監督云々より選手のコンディションやコンビネーションという問題が最たるもののようです。これであれば、戦っていくうちに徐々に良くなっていくのではないでしょうか。楽しみになってきました。

ヾ(≧▽≦)ノ次のサウジ戦は必ず勝ってグループ首位で突破しましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です