第25節 サンフレッチェ広島 vs 京都サンガ

何回も書いてるような気がしますが、上位を目指すためには負けられないこの試合。

結果は見事にサンフレッチェが勝利。
現在の順位をそのまま反映したような試合でした。

特に久し振りの3得点、李の好調、高柳、高萩との連携の質、選手間のコンビネーションの向上、そして森崎和と浩司の久し振りの共演。サンフレッチェを応援する者にとっては垂涎ものの収穫の多い試合でした。

もっともそれも京都の状態が悪かったというのもあります。
実際、今日の青山や中島はパスミスが多く、相手が上位チームであればリズムを悪くしてどんどん押し込められていた事でしょう。

京都には失礼ですが、中2日での試合が下位に沈むチームで良かったかもしれません。前半の最初の相手の勢いを殺すと、残り時間のほとんどを支配できましたし、危険なシーンも皆無。先に足が止まっていたのも京都でした。そしてしっかりと勝ち切る事ができたのは良かったと思います。

それにしてもここ3試合ぐらいの高萩の運動量は特筆ものだと思います。色んな場所に顔を出し、攻撃に守備にと奮闘していました。こんなの見せられるとさすがに頭が下がります。これでもう少し軽いプレーがなければ良いんですけど…。

あと服部ではなく山岸が先発だったのは驚きでしたね。服部が疲れていたのか、それとも実力で山岸が選ばれたのか…。次の試合が楽しみ。

これでカップ戦を含めて2連勝。しかもサンフレッチェらしさを存分に出した上での勝利ですからパイナップルジュースがぐいぐい進みますわ。(ビールは飲めないの)

さて、この勢いを持ってナビスコカップ準決勝第2戦に臨み、決勝の舞台「国立」へ行きましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です