ナビスコカップ サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

うーん、まぁ勝つべくして勝ったガンバ大阪と、負けるべくして負けたサンフレッチェ広島、といったところでしょうか。

試合内容について振り返ると、呪詛のごとく延々と呪いの言葉が出てくるので控えておくとして、ここ最近のサンフレッチェの試合を観ていると、「一体サンフレッチェはどんなサッカーなんだろう?」と思ったりします。

選手や監督、周りが言うほど攻撃的ではないと思いますし、ポゼッション(=ボール、ゲーム支配?)とも思えないし、パスサッカーはガンバみたいなのを言うのであろうし、コンビネーションも確立されてない(場当たり的)で、堅守速攻でもない…。ハイプレスで奪ってのカウンターでもないし…。

落ち着きどころが無ぇ!オラ、こんな村ー、嫌だー♪ 村?

昨年あたりは後ろでのパス回しは、相手が食いついてくるのを待って、そのギャップを突いて攻める、とか相手の綻びを探す為のパス回しだと思っていました。だから縦へ入った瞬間からの一気の攻め上がり、スピードアップ、コンビネーションにワクワクさせられたんですが、今の感じだとパスの出しどころが無い為に「どうしようか?」と迷いながら回してる感じに見えます。

また、以前は「サンフレッチェはコンビネーションサッカー」という言葉に「ガッテン!ガッテン!」と納得していましたが、今はどうもパスの出し手と受け手の意思が通ってないように思えます。ボールが来た瞬間に準備を始めているみたいな…。
だから次の動作が遅れて相手に詰められたり、窮屈なパスになったり、トラップを失敗したり、ラジバn(略)

シーズン中盤に差し掛かっても何かしっくり来ないサンフレッチェ。
思い切ってもう少し最終ラインを上げるとか少し変化をつけてもらいたいな。じゃないと、せっかく詰める事が出来たガンバ(上位チーム)との力差もどんどん広がっていくばっかりの気がします。「ウチは攻撃的」という言葉がちょっと虚しいし。

とりあえず昨日の事は観なかった事にするんで、次いってみよう!

ちなみに私はJリーグのセットしか契約していない為、スカパーは見れなかったのですが、TSSが深夜に録画放送していたのでそれを見ました。

「放送時間が90分だけど大丈夫かなぁ。」と思ってましたが、CMまたぎの端折りという大技で見事に時間内に終えてました。やるなTSS!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です