カテゴリー
サンフレッチェ広島

【2021 第7節】サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪【Jリーグ】

一言で言うなら、「決め切れんかぁ…」ですね。


まずはガンバ大阪、お帰りなさい!
やっぱり面白い方の大阪がいないとね。

試合内容は、数戦こなしたチームと(改めて)開幕戦のチームとの差がかなり出た試合だったと思います。

ガンバはとにかくチグハグでしたね。パスもズレてたし、怖い攻撃が見られませんでした。交代で入った宇佐美の存在感もありませんでした。

対する広島はさすがに試合をこなしてきて、だいぶスムーズにボールも運べるようになってきました。相変わらず東、野上という最弱サイドバックなので、攻撃の手詰まり感はありましたが、結構中央にクサビを入れる事も出来てたし、相手が嫌がる事が出来ていたと思います。

しかし、決まらんかぁぁぁ…。

ガンバの状態を考えると、初回ログインボーナスだったんですけどね。結局、昌子、三浦の上手さと東口に決定的なところを潰されました。


交代が遅いのが気になりましたが、上手くゲームを運べてたから代えにくかったのでしょう。終盤、ガンバにペースが傾いてからの交代は遅すぎましたけど。

東はプレーが無難すぎる。せめて守備か攻撃のどちらかで強みを見せないと。(with野上)

ジュニオール・サントスがいつも一人で仕掛けるからって、誰もフォローにいかないのはどうなん?(もっとも連携不足の方が大きいから、東や森島も色々と考えたり工夫してたんだろうな、っていうのは伝わるけど)


なかなか勝ち切れないですが、戦い方は整備されてきた感じがします。あとは永遠のテーマである「決定機を決め切れるか」ですね。

攻撃陣、頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です