2019 第26節 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島

いやー、完敗でしたね…。

解説の岩政さんも言うように、どちらが先制点を奪えるかが分水嶺でしたが、後半から一気にギアを上げてきたマリノスに呑まれる形で瓦解しました。

試合自体はテンションが高くて面白かったのですがね。青山一人がカリカリしていてちょっとおかしかったぐらいでしょうか。

ポステコグルー監督のコメントで「後半になってサンフレッチェはおそらく自分たちが疲れてくると予想していたと思う。」というコメントで、うへぇー見透かされてるー!と思いました。まぁマリノスの戦い方を見てると誰でもそう思うのですが、それを覆して最後まで前から圧倒してきたマリノスの完勝だったでしょう。

これで優勝争いからは離脱。
変にプレッシャーも掛からないし、後は「どれだけチームとしてまとまっていけるか」に集中できるし、若手も経験をもっと積めるチャンスと捉える事も出来るので意外にサバサバしています。

優勝争いは東京、鹿島、マリノスに絞られてきたでしょうか。

どれが優勝しても驚きはない、それだけの実力はあると思います。個人的には鹿島かマリノスが良いかな、と思います。

東京のオーソドックスな強さも良いけど、憎らしいほどの「強かさ」を持った鹿島か、攻撃全振りのマリノスの方が見ていて面白いかなぁ、と。(まぁ外野の意見なんで)

さて、サンフレッチェの今節はどうだったでしょうか。

悪くない。うん、悪くないけど、最後は決定力の質がモロに出たかな。

言い訳に出してはダメだけど、ペレイラ、ヴィエイラの両ブラジル人がどちらも居なかったのが響いたのは間違いないでしょう。

「渡、居たの?」ていうぐらい、渡は何もしてませんでした。彼に1トップは無理だと思います。もう少し後ろの位置から前を向いて仕掛ける形にしないと全く怖さがありません。結局、あらゆるFWが怪我、移籍によって残っているまともなFWが渡だけ、という状況が悪かったですね。

しかし、渡はチャンスなわけですから、苦手な位置だろうと何だろうと結果を出していくしかありません。この試合では残念な出来でしたが、まだ諦めていません。頑張って欲しい。

東は全然ダメでしたね。裏を狙うにしても、もっと精度の高いパス出さないといけないし、もっと仕掛けて欲しい。1トップ2シャドーという攻撃の要のうち、2/3がダメだと攻撃にならんですな。川辺一人が獅子奮迅の働きでした。

というか、川辺の適正は明らかに前ですね。プレッシャーの掛け方、ボールを持っての仕掛け。急所へのパス。素晴らしく輝いてました。願わくば、得点力が上がって欲しいかな。

大迫はもう少しシュートストップをして欲しい。2失点目なんか届いているわけですから、しっかり弾いて欲しい。今のところ「若い」のと「度胸」ぐらいしか長所がないぞ。最後の砦なんだから、止めてナンボです。

最近、ダメダメな荒木。今節は頑張ってましたね。1失点目は仲川にしてやられましたが、あれは仲川を褒めるべきかなぁ…。それ以外は良かったんですけどね。

青山は悪くなかったと思います。2度ぐらいパスミスがありましたが、散らすパスや大きい展開のパスなど、ゲームの組み立てには効果的だったと思います。本人はえらくイライラしてましたけど。

交代メンバーを見ても城福監督としては打つ手はあまり無かったかな、という気がします。強いて言うならハイネルを引っ張り過ぎたのが良くなかったかな。

まぁ、悪い試合ではなかったし、気持ちも見れましたし、自分達の悪かったところも冷静に判断出来ていますし、気持ちを切り替えて次節に臨んで欲しいですね。

心機一転となった今季もあと少しです。来季を見据えつつ、残り試合を頑張ってください。

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
1 2 3 4 151